2008年03月05日

曲線を両刃鋸で

3月1日の穴開け作業をした木地ですが、棚板の形を加工しました。

20080305a.jpg
この写真は、蛤型に仕上げる予定の外側カーブを、両刃鋸のしなりを使って切っています。このくらいのRなら(ってR300ですが)回し引きを使わずにできるようです。それより内側のカーブの方がS字の急曲線で、ちょっと時間がかかりました。こちらは両刃鋸だけではできなかったので、糸鋸も併用して何とか形になりました。

20080305b.jpg
上が地板、下が棚板です。天板は八角形になります。
棚板は蛤形のつもりです。地板の形は……わかりますよね。
2008年03月05日 23:23 | コメント(0) | 漆工
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。