2014年01月04日

黒石線路と篠原線路

フロア運転で敷いていたBlackstoneModels の ProTraxx線路によるHOn3エンドレスですが、直線部をはずして以前に作った待避線を組み込んでみました。

20140104a.jpg
ポイントはシノハラ#4です。転換は手動です。DCC改造はしていません。

20140104c.jpg
気になるのはProTraxx線路とシノハラフレキの接続部ですが、ジョイナーはシノハラの#70レール用でつないでいます。

シノハラフレキを使った自作のHOn3線路は、道床が4mm厚ベニヤ合板+HOn3フレキシブルトラックで全体高7.4mmです。ProTraxxは全体高8.3mmなので、つなぐと段差ができてしまいます。
シノハラの#70ジョイナーはProTraxxレールに対してスカスカでゆるく、レール底面も揃えることができません。上から見るとシノハラHOn3の方が底面が広くて頭が細く、ProTraxxの方は底面がユニジョイナー対応で狭く、頭は太く見えます。

20140104b.jpg
と、まあ寸法的には問題アリなんですが、とりあえず直結して、このくらいの段差で影響があるか走らせてみます。
走行動画↓はC-19の牽く貨物列車です。

接続部が原因となる跳ね上がりや脱線は発生することはないようです。
そこで牽引ではなく、高速で推進運転して分岐側へ入るテストをしてみました。

なお、実験の列車ですが、機関車は両方とも
BlackstoneModels製品、客車貨車はプラ製品、客車列車のカブースは金属製品ですが、台車はBlackstoneModels製品に交換しています。金属製機関車や金属製客車による実験はしていません。

ProTraxx線路とシノハラフレキの接続としては、実用上、ほとんど問題ないのではないかと思われる結果でした。
 



2014年01月04日 23:19 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2014年01月02日

新年運転会

年越し運転会は運転ボードで行いましたが、年末に家具移動をして少し広くなったフロアでHOn3を敷いてみました。

20140102a.jpg
BlackstoneModels の ProTraxx線路です。手持ちの分を全部つないでエンドレスに敷いてみました。小判型ではおもしろくないので、少しだけ変化をつけてみましたが、半端な寸法の線路はないので、組線路のユルさを利用してつないでいます。

20140102b.jpg
電池パワーパックをつないで、コンコーのグースを走らせました。


20140102d.jpg
車輛を交換します。PFM - UNITEDのK-28で客車を牽引。

20140102c.jpg
電池パワーパックでコントロールできますが、サウンドはありません。サウンドデコーダは準備してあるのですが、搭載作業ができていません。

やはりポイントがないと1列車だけになってしまうのが残念なところです。
 
2014年01月02日 22:21 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2013年11月10日

黒石線路試験

BlackstoneModels の ProTraxx線路を敷いてみました。まずは、Starter Set のオーバルエンドレスです。

20131110a.jpg
短辺が997mm、長辺が1453mmの小判型になります。曲線はR480で、ゆるくもなく、キツくもなく、微妙な半径を設定していますね。

20131110b.jpg
問題は給電方法です。フィーダ付きの線路は作られていません。スタータセットには、Power Joiner と書かれたターミナルユニジョイナーが同梱されています。しかし、コードの端部はコネクタではなく、切りっぱなしの状態になっているので、自分で加工しなければなりません。ユニジョイナーはずしもあった方が良いですが、これは同梱されていません。運転スタートするまで、ちょっと小細工が必要です。

20131110c.jpg
元のユニジョイナーをはずして、フィーダ付きユニジョイナーをはめて、コード端部のビニルをはがして電池式パワーパックにつなぎました。

20131110d.jpg
道床をくぐらせるところは加工してないので、コードの分だけ浮き上がって、カントがついたようになります。

20131110e.jpg
とりあえず、このまま試運転します。 杉山のグースはキャラメルモータです。

20131110h.jpg
コンコーのグースを電池式パワーパックで運転。

20131110g.jpg
PFM - UNITEDのK-28。オープンフレームモータでサウンドはありません。
バック運転すると、フィーダ線のところで従輪が脱線しました。


20131110f.jpg
運転終わって線路を分解しますが、フィーダ付きユニジョイナーをはずすのがまた面倒です。専用のフィーダ線路を作るのが良いかも。
2013年11月10日 19:11 | コメント(2) | 1/87・10.5mm

2013年11月09日

新入荷

六甲模型で予約していた線路を購入に行きました。
JR山科駅へ着いたら、膳所駅で人身事故があったらしく、東海道線側は新快速が75分の遅れ表示。湖西線はほぼ通常ダイヤで動いていたので、京都駅までは移動できます。山科駅のホームで待っていたら、順次運転再開の案内が入りました。

20131109a.jpg
これは京都駅の電光表示です。加古川行きは761T、新快速は3251Mです。
走行途中で運転整理が行われて、3251Mは大阪駅から3265Mになり、761Tは大阪駅から777Tになってしまいました。

20131109b.jpg
100分遅れで申告の遅延証明書。1時間の次は2時間になっています。
二つ穴開けてくれても良いけど・・・、予め準備してある用紙なので、こんなもんでしょう。

20131109c.jpg
黒石模型のHOn3用ProTraxx線路です。棚に残っていた500円の特価貨車キット、リーファーを二つ。
 
乗車記録
醍醐13:11普通5611山科
山科13:29普通1823Mクハ222-1003京都
京都12:15新快速3251Mクハ222-2049大阪 遅れ104分
大阪14:35快速777Tクハ222-2053六甲道
石屋川16:24普通5502御影
御影16:28特急9004梅田
大阪17:00関空快速4182Mモハ223-2521京橋
京橋20:47特急3601三条
三条京阪21:40普通5402醍醐
 
2013年11月09日 23:41 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2013年07月11日

ハイトゲージ

kadee#704を作りました。HOn3用のカプラーハイトゲージです。今頃こんな基本パーツを・・・という感じですが、前の#704は改造してHOn3.5用#711のハイトゲージになっているのです。HOn3もやってますが、まあ、なくても完成品に高さを合わせる方法で何とかなっていたのです。ことのついでに購入したものを組んだというわけです。

20130711a.jpg
で、紙袋から出てきたのがダイカスト地肌のままのブロックです。コストダウンで表面処理をやめたのでしょうか。型はもちろん同じですが、このギラついた感じは如何ともしがたい。黒染液に浸すか・・・。
まあしかし、右側のHOn3.5用との区別がつくというメリットもありますね。
タグ:HOn3
2013年07月11日 23:03 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年11月15日

新入荷

模型そのものではなくて模型の本ですが、
20121115a.jpg
2012年版を購入するついでにバックナンバーを買いました。
タグ:HOn3
2012年11月15日 22:25 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年10月13日

運転会あとしまつ2

HOn3の車輛修理です。

20121013a.jpg
梱包方法が良くないので、ブレーキハンドルが被害を受けている者が多くなっています。瞬間接着剤で修理です。

20121013b.jpg
このゴンドラはウェザードタイプですが、車輪踏面もウェザードなのでレールへの影響もあるようです。この機会に磨き出すことにしました。

20121013c.jpg
ボックスカーは連結器解放ハンドルもはずれていました。

20121013d.jpg
なんとかまっすぐ戻して、ハンドルも瞬間接着剤で取り付け。
2012年10月13日 19:14 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年06月02日

線路増備/ブラインドに変更

運転ボードの部屋の窓に掛けているカーテンですが、運転ボードに支障となることがあり、ブラインドに変更することにしました。

20120602a.jpg
家の在庫で間に合わせていたので寸法が長く、運転ボードの上に被さってしまうことがあります。

20120602b.jpg
オーダー寸法のブラインドに変更しました。通販サイトで大きさも指定した寸法で買うことができます。

20120602c.jpg
10.5mmの直線線路を増備しました。450mm長で8本です。道床はあと8本あるのですが、シノハラフレキシブルトラックがなくなりました。

20120602d.jpg
ジョイナーはマイクロエンジニアリング(ME)製品を使ってみました。左はシノハラ、右はMEの品番26-070というCODE70用です。
少し拡げないと入りませんが、キツめでカッチリと接続できて具合よろしいです。
12mmフレキで組立式レイアウトを製作されている京都トンネルクラブの小菅氏に伺うと、83番用を使っているとのこと。なるほど、シノハラレールにはMEの一回り大きめサイズが使いやすいということですね。
2012年06月02日 23:10 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年05月27日

線路増備

10.5mmの直線線路を作りました。

20120527a.jpg
複線間隔57mm、長さが412mmと半端ですが、余り板を使ったものです。待避線等に使えそうです。ペイントがなくなったので違う色になってしまいました。

20120527b.jpg
ポイントの先は長さ450mmの単線用です。これは先日切り出した道床です。

P to P か、ドッグボーンでも敷けるように増備計画しています。でも黒石模型のプラ道床組線路が発売されたら買ってしまいそうです。
2012年05月27日 23:48 | コメント(0) | 1/87・10.5mm

2012年05月26日

新入荷 西側模型C-25

リオグランデナローのブラスモデル、WESTSIDE - NAKAMURA の2-8-0コンソリC-25です。

20120524a.jpg
未塗装完成品でモーターは付いていますが、ウエイトの取付が行われておらず、ビニルに包まれてウレタンの中に入っています。手つかず品ということのようです。

20120524b.jpg
黒石模型のC−19と並べてみると、ボイラが太くて高く、二回りくらい大きく感じます。

20120526e.jpg
同じく黒石模型のK−27と並べてみました。ボイラ径はほぼ同じようですが、少し高い位置にあります。キャブの背も高いです。

20120524c.jpg
R386と4番ポイントエンドレスで試運転。左回りの前向きだけ一応周回します。バックするとカーブでショートが発生、また右回りで周回すると、前向きでもカーブでショートが発生します。

試運転動画はコチラ↓
2012年05月26日 22:53 | コメント(0) | 1/87・10.5mm