2023年03月30日

延長してみた

公園の桜は満開状態が続いています。

20230330a.jpg
春休みなので子どもたちが遊んでいます。

TILLIG12mmゲージ道床付線路使用組立式レイアウトのつづきです。

20230330b.jpg
池袋鉄道模型芸術祭の出展作品シールを貼りました。

20230330c.jpg
直線一本分166mmで延長すると運転ボードからはみ出しますが、何とか支えられそうなので試しに延ばしてみました。

20230330d.jpg
給電線側の線路の様子です。路盤はボードからはみ出していますが、線路はボードの端部くらいで収まっています。

20230330e.jpg
路盤のはみ出し量10mm程度です。

20230330f.jpg
反対側の線路もはみ出し量10mm程度です。全体の長手方向寸法としてボード1820mm+はみ出し量20mm=1840mmというところです。
背景版というか壁がありますが、車輛が当たることはないでしょう。

20230330g.jpg
外側に20m車キハ20、内側は16m車東急3450
それぞれ単独でなら周回できますが、曲線部でのすれ違いはできません。

2023年03月30日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年03月28日

レイアウト保守

公園の桜は満開状態が続いています。

20230328a.jpg
3月28日 9:55

20230328b.jpg
曲線半径拡大版組立式レイアウトに接続順序の記号番号をつけていなかった。裏向けてバラまいて確認しながらマスキングテープに記号番号を記す作業。

20230328c.jpg
コードクリップというか電線留めというか、余り材で適当に作ったものです。

20230328e.jpg
外側の曲線半径396mmと外側から分岐して待避を作ると、運転ボードの短手がほぼいっぱいになってしまいます。

20230328f.jpg
長手はもう少し延ばせそうですが、長い直線一本分166mm延ばすとボードからはみ出しそうで、半分の83mmの延長というところかな。

2023年03月28日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年03月14日

走行試験D

マルチゲージレイアウト、嵩上げ状態でのDCC走行テストをしてみました。

20230314a.jpg
アナログ車を線路から下ろしてDCC車をのせる。
これだけになっているのでちょっと少ない。

20230314b.jpg
12mm外線 キハ36 ADR36 サウンド付
12mm内線 デハ101 ADR10
9mm本線 ホジ101 ADR101
9mm待避線 キハ103 ADR103
動画です。長いです。

2023年03月14日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年03月13日

走行試験A

マルチゲージレイアウト、嵩上げ状態での走行テストをしてみました。

20230313b.jpg
内側から6.5mmロクハン線路、9mmKATOユニトラック、12mm複線TILLG線路です。

20230313c.jpg
とりあえず走ると思われる車輛で線路状態を確認します。

20230313d.jpg
6.5mm 城東電軌 ニチユ4t PowerMAX
9mm W工芸 九十九里キハ103 ロクハンデコーダ搭載
12mm内線 乗工社 東急3450 キドマイティ動力ユニット
12mm外線 MW 江若塗キハ501 マシマモータ+FMギヤ


ニチユがかなり喧しいです。注油で静かになるのかな。
DCCはキハ103だけですが、ポイントでちょっと躓くかな。
12mmは両方ともアナログ車です。
TILLIGポイントは全通式なので、先端切換で待避に止めておくことができません。
なので12mmはDCC車が望ましいのですが…。

20230313e.jpg
複線での通過状況を確認してみます。東急デハとキハ501です。
比較的短め16m級の3450と車幅狭いキハでもかなり際どい状況です。

20230313f.jpg
ちょっと角度を変えて見たところ。3450同士だと当たるかも。
20m級は全くだめで、17m級同士でもどうかな。

2023年03月13日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年03月12日

嵩上げしてみた

3月11日土曜日、所属クラブの NetMeeting 、第161回です。

20230312_HOJC.jpg
ボンドで乾杯の方とか、最後近くに駅からアクセスしてきた方とかいます。

池袋鉄道模型芸術祭の出展のことで、マルチゲージレイアウトの嵩上げを検討。

20230312a.jpg
橋脚材を見つけるのに時間が掛かりました。

20230312b.jpg
曲線半径を変更したので使えないかと思われましたが、特に問題なく使えるようなのでひと安心。

しかし16.5/10.5mmの線路に関しては、橋脚を作っていませんでした。今から橋脚を作るのは日程的に困難ですね。

2023年03月12日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年03月10日

運転ボードに敷いてみた

一旦回収したレイアウトですが、12mmと9mm/6.5mmの走行試験をするため、運転ボードに敷いてみました。

20230310a.jpg
フロアでは全部展開しましたが、運転ボードでは長手方向が少し短くなります。短手方向も12mmで端までいっぱいになってしまいます。フライシュマンの16.5mmとかを敷くことはできません。

20230310b.jpg
反対側から。真ん中の線路は長手延長部に使う線路なので余っています。

定尺スタイロフォームでは外側の16.5/10.5は敷くことができません。
1200×2400程度の大きさが必要です。
2023年03月10日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2023年02月04日

コード取替

日付ネタの続き、阪神の金魚鉢204です。

20230204d_204_阪神_19740609img_0004.jpg
阪神電鉄 北大阪線  204号  1974年6月9日撮影  野田
元祖金魚鉢70形との違いは何かよくわかりません。

レイアウトのコード処理関連で、懸案ながらも延ばしていた作業を行いました。

20230204b.jpg
TILLIG12mmゲージ線路板の配線ですが、ポイント転換用DCC母線のコードです。Hのブロックの左側はKATOのアクセサリ用白茶線を使っているのですが、途中から走行用白青線になってしまっています。

20230204a.jpg
おそらく製作時に白茶線が不足して白青線を使ったものと思われます。分かっていることとして接続を間違えなければ良いことなんですが、フェイルセーフ的には余り良くないので、いずれ取り替えるべしとしてそのまま経過していました。

20230204c.jpg
コードを取り替えました。
2023年02月04日 23:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2016年02月05日

新線予定

所属クラブで使っている組立式レイアウトですが、まだ全部の線路は敷かれていないようで、予定線もあるようです。

20160203a.jpg
曲線の路盤予定が貼られていますが、手前の方は接続がどうなるのか、はがしてグイッと曲げるのかな? 実物ではやってますけど、模型ではフレキをはがして曲げるとどうなんでしょう。

タグ:模型線路
2016年02月05日 14:00 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2013年01月06日

撤収しました

ユニトラックでのスムーズな運転にはいろいろ課題がありますが、1週間敷きっぱなしでホコリもたまってきている頃です。扉を開放して敷いているので、この時期では暖房も効きにくいため、そろそろ撤収することにしました。

20130106d.jpg
軽くハンドクリーナーをかけてホコリを吸い取り、ベンジンでレール清掃しておきます。直線部はこんな箱に収納、曲線部は別の箱に収納です。
2013年01月06日 23:55 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2013年01月03日

長編成

京都市内ですが、北の方へ出かけてきました。途中で撮影した丸太町橋からの鴨川寸景。

20130103b.jpg
左側の樹木は何かよくわかりませんが、柑橘系と思われる実がついてます。

さて、フロアレイアウトはしばらく敷いたままにしています。せっかく長い待避線があるので、昨年末までに作ったアメリカ型貨車たちを全部並べてみました。
20130103a.jpg
線路が全部ふさがるほどは両数がありません。左の列車は4-4-0と古典客車+オーバーランド客車です。オーバートン客車も出動させたらアメリカ型HOだけにできるかも。

2013年01月03日 23:15 | コメント(0) | 組立式レイアウト