2011年08月24日

少し進展

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイントが集中している部分のブロックを進めました。とりあえずベースに固定しています。
20110824a.jpg
電気配線対応がまだできていないので、取り外しができるようにベース裏からネジでとめています。

20110824b.jpg
道床裏にあるネジ止め穴の寸法はどこかに出ているのでしょうか。ポイントの説明書などにも掲載されていません。ユニトラックのサイズによって穴の位置も異なっており、キリのいい寸法では作られていないようです。実寸で2.4mm径の穴をあけて、2mm径×6mm長のプラスネジとワッシャを使ってとめました。
2011年08月24日 23:58 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月14日

カーペット貼付

スタイロフォームにカーペットを貼り付けることにしました。近所のホームセンターで淡茶色のものがあったので2m購入してきました。

20110814a.jpg
カーペット360円/m、接着剤(木工用ボンド)379円/500gです。ボンドをヘラで薄くのばして端から順に貼っていきます。

20110814b.jpg
接着剤はほとんど全部使ってしまいました。重さのある本を上に並べて放置しておくと、そのうちに接着します。
 
このスペースは今すぐ何か線路を敷く予定はありませんが、各種ゲージを簡単に運転できるようにしたいと考えています。
2011年08月14日 23:16 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月13日

撤収しました

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

外側待避線の有効長を調べるため、列車を入れ換えてみました。新幹線を本線上に待避させて、旧国を転線させています。
20110813a.jpg
別の旧国も出してならべると、15両入ることがわかりました。80系とか113系とか20m級電車なら15連でも大丈夫です。キハ82系白鳥の14連もはいるでしょう。

電気配線などの工事へ進むために一旦解体撤収することにします。

20110813b.jpg
レールがかなりよごれているので、とりあえずベンジンでふいておきます。全部の線路をふいたのですが、かなり時間かかりました。

20110813c.jpg
箱へ収納しました。曲線は別の箱に入れています。ポイント部分は工事にかかるため出したままです。

2011年08月13日 23:36 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月12日

有効長点検

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

1/80の車輛を置いてみました。
20110812a.jpg
この写真で右から2番目の外側本線は、ED77+14系客車6連+12系客車6連の12連が入っています。21m級客車12連+機関車が余裕で入るので、20m級電車なら13連は入るでしょう。485系白鳥くらいはOKですね。新幹線の止まっている外側待避線は14連が入りそうです。15連が入るといいんですが、やってみないとわかりません。電気的にブロック分けしてないので、入れ換えるのが難しそうです。
旧国12連の入っているのが内側本線ですが、接触限界きわどいところです。内側待避線は渡りポイントがあるので短くなっており、50系客車8連+機関車でギリギリです。8両が安全な範囲でしょうか。

20110812b.jpg
本線が下をくぐっているレイアウトボードを整備しました。XPSスタイロフォームは上段、EPSは下段に入れました。
 
2011年08月12日 23:24 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2011年08月11日

全線試運転

ユニトラック組立式レイアウトの続きです。

ポイント部分のベースを作成し、計画とおりの線路を接続してみました。
20110811b.jpg
ポイントの連続するところは、電気配線処理をまだ考えてないので、ベースに乗せてあるだけです。ポイント転換は今のところ手動で対応することにします。

20110811d.jpg
反対側から見たところです。

20110811c.jpg
左側の部屋の状況です。フィーダは内外のエンドレスに一カ所ずつだけ接続して複線で試運転をしました。

20110811f.jpg
右側の部屋の状況です。ドッグボーンですが、左右対称にはできませんでした。

20110811a.jpg
新幹線を置いてみました。本線で12両、待避側だと13両入りそうです。1/80の20m級だと13両と14両になるでしょうか。20系16両編成とかは無理のようです。

KATOのユニジョイナーは不思議なジョイナーですね。カチッと嵌って簡単に抜けないのはよいのですが、なぜかレールの段差がどうしてもできてしまうのです。ジョイナーのせいではなく、レールの端面処理がよくないのでしょうか。また新旧のユニトラックが入り交じっていて、燐青銅色の旧ユニジョイナー接続部はジョイント間隔が大きく開いています。新ジョイナーのユニトラック同士のところは、比較的きちんとレールが向き合っているようです。しかし、ポイント同士で新ジョイナーで接続しているのに、大きな段差ができてしまう部分もあり、どうすれば改善されるのか困っています。
 
2011年08月11日 23:44 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月07日

線路配置検討

ユニトラックレイアウトですが、左の部屋でのヤード有効長をもう少し長くとれるように検討してみました。

20110807a.jpg
線路が重なっていますが、本線を高架にしてヤードをまたぐ方法が可能かどうかの検討です。長さ2500mmで高さ80mmほど登るので32‰の勾配になります。これはちょっとキツすぎる感じです。

20110807b.jpg
本線を高架にしないで、エンドレスの内側だけを利用して、1/80の20m級8両程度は入りそうです。
2011年08月07日 23:23 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月06日

レイアウトボード

 '98〜'99 高急グループ 年越し運転会で登場したことのあるレイアウト台枠ですが、醍醐へ引っ越し後、またもや復活して登場しました。今回はTomix台枠ではなく、スタイロフォームを使ったレイアウトスペースとなる予定です。
 
20110806x.jpg
スタイロフォームすなわち押出法ポリスチレンフォーム保温板ですが、近所のロイヤルホームセンター、コーナンへ行っても置いていませんでした。

20110806y.jpg
結局スタイロフォームと同性能品ということで、EPS方式での発泡ポリスチレン板を買うことになってしまいました。


タグ:運転ボード
2011年08月06日 11:33 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月05日

全線接続テスト

ユニトラック組立式レイアウトですが、線路配置の細かい変更や必要な線路が揃っていなくて、しばらく机上プランだけでしたが、ようやく荷物が届いたので再開です。
 
20110805a.jpg
右側の部屋の線路を少し変更しました。ユニトラックを正確に並べた図では少しつながらないですが、ちょいと引っ張るか拡げるかすれば、ユルトラックの特性を発揮して問題なくつながります。

20110805b.jpg
普通に1本線で書くとこのようになります。フィーダ・ギャップはまだ仮のものです。

さて実際に接続してみることにしました。ポイント部分は配線を考慮しながら作るので、別の線路で仮設しているところがあります。線路の長さだけは図面設計とおりにして、部屋の障害物との関係も調べています。

20110805c.jpg
 左側の部屋、ヤードのある部分です。このヤードはかなり古いもので、このまま使えるかどうかわかりませんが、とりあえず設計に入れています。有効長が短いのでヤードを伸ばし、本線を勾配高架にしようかとも考えています。

20110805d.jpg
 ヤードへの分岐は図面と異なり、S97の線路が入っています。また変更になるかもしれません。

20110805e.jpg
ドッグボーンの中央部分です。6線が詰まっていますが、階段を上がってから歩くスペースも必要なのでこんなふうにしました。

20110805f.jpg
 右側の部屋です。ポイントの部分はまだ置いていませんが、長さは設計とおり行けそうです。奥の方はユルトラックの特性を発揮し、多少のずれを調整してつなぐようにしています。

20110805g.jpg
 直線部分を右側の部屋から見たところ。外側線の待避線の有効長が3800mmくらいあるので、新幹線12連入るはずなんですが、まだ置いてないので何とも・・・。
今日はここまでです。あしたは大阪ドームへHT−YS観戦。


 
2011年08月05日 23:50 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年08月03日

ポイントのDCC転換テスト

HOn3の仮設線路は撤収しました。4番ポイントとR400程度までの通過が確認できましたので、次はせめてフレキを何らかの形で固定して運転したいところです。

さて、次はKATOユニトラックの組立式レイアウトです。線路配置の方は何とかとながりそうですが、電気配線も考えないと運転できません。基本方針として、ポイントにデコーダを内蔵し、DCCで転換することにしました。車輛運転はDCCとADC(アナログDC?)の両対応したいと考えています。DCC先駆者の方々にはすでにアタリマエのようなことだろうと思いますが、ユニトラックを加工する前に確認しておこうとテストしました。

20110803a.jpg
用意したデコーダです。DigitraxのDS51K1です。

20110803b.jpg
ごく簡単に線路を敷いて、デコーダとはミノムシクリップで接続です。走行電源はTomixのパワーパックです。車輛はバックマンの4-4-0です。

20110803c.jpg
ポイントコードの黒線がデコーダのオレンジ線、赤線がデコーダのグレー線へ接続しました。デコーダの赤線はD101フィーダコードの白線、デコーダの黒線はD101フィーダコードの青線に接続しました。黄色はアドレス設定時に使う線です。色が混乱していますが、接続はいけてると思います。

DCC転換、アナログ運転の動画です↓



20110803d.jpg
走行線路にもDCCから給電してみました。D101で走行制御ができます。

DCC転換、DCC運転の動画です↓
2011年08月03日 22:36 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年07月31日

HP更新/線路配置検討3

昨日完成した中村製HOn3客車について、ホームページ車輛紹介のところへ掲載しました。金色塗装時の番号からオリジナルロードネームへの改番をしたので、少しややこしくなりますが別項目で掲載しています。

こちらは16.5mmゲージのレイアウトを検討しています。
20110731a.jpg
図面では右側の部屋(上が南なので西側)の部分を少し変更して、何とかつながりそうな組み合わせになりました。実際にこの配置では敷いてないので、まだ不足している線路を調達してから実験してみることになります。
2011年07月31日 23:12 | コメント(0) | 組立式レイアウト