2011年07月20日

線路配置検討2

基本的な形はほとんど変化ありませんが、待避線有効長を長めにしたり、ヤードの角度を変えたりしています。
20110720a.jpg
 ・運転会の関係で別の線路配置にも対応したい。
 ・KATOのポイントスイッチは使わずDCCで転換したい。
 ・車輛の運転はD・Aどちらでも対応できるようにしたい。
 ・電線の引き回しはなるべく少なくしたい。

 いろいろ相反する考えがめぐりますが、うまくまとまりません。

20110720b.jpg
とりあえずベース板の材料を調達しました。

デカール印刷用にMD-5500をつないでいたWindowsXPのマシンがフリーズしてしまい、再起動してもHDDを認識しなくなってしまいました。BIOSは起動するのでCPUとメモリは生きていますが、そこから進みません。 (+_+;
 
2011年07月20日 22:34 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2011年07月16日

線路配置検討

とりあえず0系12連の運転が可能であることがわかったので、組レは一旦解体して箱に収納となりました。(家庭事情もアリ)

20110716c.jpg

ドッグボーンの中央付近にいろいろ細工をしたら、リバースのような8の字のようなことができるかも・・・と検討し始めました。
20110716b.jpg
左側にヤードを設けるよう検討していますが、あまりたくさんの線路を敷くと歩く場所がなくなったり、果ては運転機器の置き場所もなくなったりするので、電気配線との兼ね合いも検討が必要なところです。

20110716a.jpg
ユニトラックにYポイントがあると大変便利なんですが、まあ何とかしてポイントのスペースを少なくしたいところです。しかし長くなると電圧降下もはげしいので、線路は簡単に接続ができますが、結局は長い電線を引き回さねばならないことになります。DCC化しても電圧降下対策は必要なようです。
 
2011年07月16日 22:53 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2011年07月10日

ドッグボーンで敷いてみた

造形村新幹線0系を12連で運転してみたいと思い、何とか線路が敷けないか考えてみました。部屋一つの小判型エンドレスでは短すぎるので、二部屋を使ってドッグボーン形に敷いてみることにしました。

20110710b.jpg
部屋を片付けないで、障害物を避けるように何とか敷き始めました。KATOのHOユニトラックをベースに取り付けたものです。

20110710c.jpg
これまで運転に使っていたものを総動員していますが、直線線路が足らなくなってきました。

20110710a.jpg
現物を敷きながら、CADで図面を書きながらと、両方で進めていきますが、なかなかうまく合いません。曲線部は790-730と610-550を併用しています。790-730を緩和曲線的に使って、部屋の中で半周できるようにしています。長い方の直線部が約4.2mなので何とか12連がおさまるかと・・・・。

20110710d.jpg
図面ではズレが出てエンドレスになっていませんが、全体をゆるく合わせていけば何とかなりそうです。しかし、直線がまったく足りません。
ベース板の材料もないので、近くのホームセンターで調達、ついでに上新六地蔵店のおもちゃ売り場に行ってみましたが、Nだけの扱いになったみたいです。リニューアル前はHOユニトラックも場所があったのですが・・・。(品切れが多かったけど)

残念ながら12連で走らせるのはもう少し先になりそうです。
2011年07月10日 23:34 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2009年12月30日

レイアウトを準備

年越し運転会の準備として、16.5mmゲージの組立式レイアウトを出してみました。
9月にレイアウトの整備をした)]のですが、エンドレスにして走らせていなかったので、今回がそのテストも兼ねることになります。とりあえず場所を確保して、展開可能な大きさいっぱいにつないでみました。

20091230a.jpg
曲線部は790-730の大曲線と610-550の小曲線を作っているので、両者を混ぜてつないでみました。少し前にTransPacific blog版のサイトで緩和曲線の話が掲載)]されていました。KATO線路でカントもついてないので、大曲線と小曲線の組み合わせで緩和曲線のようなものをやってみただけですが…。

20091230b.jpg
こちらは大大小小小小大大とつないでみました。

20091230c.jpg
こちらは大小小大大小小大とつないでみました。
大小とも一つのブロックの角度が同じなので、つなぐ順序が違ってもエンドレスにつながります。
とりあえず今日は線路を敷いただけで、テストランは明日です。
2009年12月30日 22:44 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2009年09月23日

ホームページ更新とレイアウト整備

昭和46年8月撮影の東洋活性白土専用線の写真をホームページへ掲載しました。

モノクロで夏の蒸気機関車のため、硬調の写真が多くなってしまいました。

20090923a.jpg
東洋活性白土専用線は北陸本線の糸魚川駅近くの積み換えホームと工場を結ぶ延長0.8kmの専用線で、軌間は2フィート(610mm)、協三工業製のBタンク蒸気機関車が製品運搬用トロッコを牽引(推進)していました。1950年に敷設され、ナロー蒸機が活躍する最後の専用線として有名でしたが、国道の拡幅工事と工場の閉鎖により昭和57年(1982)10月に廃線となりました。
 羅須地人鉄道協会がここの線路を使って活動されていましたが、廃止にともなって[(http://rass-rail.blog.so-net.ne.jp/|成田ゆめ牧場)]へ移られているのはご存じの通りです。
-------------------------------------
昨日からの続きで組立式レイアウトの配線を整備しました。

20090923b.jpg
端子板に直接コードをネジ止めしていたのですが、設置解体の時間短縮のため、手持ちのKATOのコネクタを使い回しして適当に組み合わせることにしました。
 
2009年09月23日 20:37 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2009年09月22日

組立式レイアウト工事

16.5mmゲージのユニトラック組立式レイアウトを少し加工しました。
運転会での配置の関係で、線路の下をコードがくぐれるようにしたものです。

20090922b.jpg
梁の角材を少し斜めに落としただけのことです。

20090922a.jpg
どれでも対応できるように加工しました。
 
2009年09月22日 19:09 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2009年09月13日

ホームページ更新と線路増備

昭和47年撮影の近江鉄道の写真をホームページへ掲載しました。]露出不足の酷い写真ですが、まあご笑覧下さい。

こちらは、運転会用16.5mmゲージレイアウトです。複線の直線を1枚増備しました。246mmを2本分つないでいますので、492mm長さの複線ブロックです。もう一枚は4番ポイント側線分岐がついていた台枠を流用して6番ポイントを搭載しました。
20090913a.jpg

2.7mm厚ラワンベニヤ合板に5×10のヒノキ角材を接着しただけの、軽量簡易なボードです。ユニトラックのバラ線路をそのまま敷くよりは、接続部のズレが軽減されるようです。複線間隔の固定効果もあります。
20090913b.jpg
 
2009年09月13日 23:07 | コメント(2) | 組立式レイアウト

2009年09月12日

嵯峨野線および組立式レイアウトの工事

先日取材したJR嵯峨野線の複線化工事状況をホームページへ掲載しました。

さて、来週はクラブの合同運転会です。16.5mmゲージの組立式レイアウトを少し改良することにしました。前回はポイントの切替を手動で行っていたのですが、手の届きにくい場所でやりにくかったため、遠隔操作化の工事を行いました。

20090912a.jpg
元々KATOの電動ポイントを使っているのですが、転換用の配線をしていなかったので、その工事を行うだけです。

20090912b.jpg
穴をあけて配線を台枠の下へ通します。

20090912c.jpg
端子台へ接続して終了。端子台からは長いコードで、手元のポイント切替スイッチへつなぐことにします。
 
2009年09月12日 21:20 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2008年10月05日

レイアウト整備

大阪での合運が近づいてきたので、模型の作業も進めないといけないのですが、京阪700形をなんとか完成させることと、それを走らせる16.5mmゲージの組立式レイアウト整備の二つに絞ることにしました。


20081005c.jpg
16.5mmゲージの組立式レイアウトですが、これまでも使ってきた古い物です。しかし、電気配線がよくないので、ブロックコントロール方式を前提にスイッチ取付と配線をやりなおしです。

タグ:16.5mm
2008年10月05日 21:03 | コメント(0) | 組立式レイアウト

2005年12月31日

2005〜2006 年越し運転会の準備

午後になって、恒例の年越し運転会の準備を始めました。屋根裏から降ろしてきた朱雀鉄道12mmゲージ組み立て式レイアウトです。主役は今年の作品DD1352とオハ27系です。

20051231.jpg
ホームページで確認してみると、このレイアウトで年越し運転会をするのは、1999〜2000年のとき以来となります。長いこと使ってないですが、ちゃんと通電するでしょうか。
--------------------------------
ブロックどうしの接続は角材ですが、線路の電気接続はジョイナーによっています。これまでの運搬使用などで、線路のいたみがかなり出ていますが、むりやりジョイナーをはめ、ベースをガムテープでとめて何とかエンドレスができました。

20051231b.jpg
車両の方は江若のキハ14で試運転を完了しました。これから、DD13、D51など並べていきます。写真をクリックすると運転会のページへ飛びます。
タグ:HOn3.5
2005年12月31日 15:49 | コメント(0) | 組立式レイアウト