2020年09月18日

更地にした後すぐに

所属クラブのNetMeetingの賑やかしとして、運転ボードに線路を敷いて適当に走らせながらiPhoneで中継を試みていました。

20200918a_P1040069.JPG
数ヶ月間敷きっぱなしで、塵もかぶっているので、分解掃除することにします。

20200918b_P1040071.JPG
線路は掃除機をかけて収納箱へ。レール清掃は次に使うときに。

20200918c_P1040073.JPG
物置状態でもありましたが、一旦更地にしました。

軽便祭も近いので、すぐに次の線路を敷くのではありますが。

20200918d_P1040082.JPG
しばらく使っていなかったHOn3の自作組線路でエンドレスを敷きました。黒石道床付線路はR48blackstone
0なので、定尺運転ボードのサイズではエンドレスを敷けないので。

20200918e_P1040083.JPG
 10.5mmゲージでこんな感じかな。 グリーンボイラーをアナログで走らせるか、それとも西大寺キハをDCC化するか。

2020年09月18日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年09月07日

投票します

この時期あやしいタイトルですが、巷で話題のことではなく、ごく一部の模型界で行われることです。
JAMコンベンションの催事で行われていた「日本モデル・オブ・ザ・イヤー」について、今年はハガキによる投票ということになっています。8月発売の鉄道模型雑誌に投票用紙が綴じ込んでありますが、趣味団体にも投票を促すことで用紙が送られてきています。

20200907a.jpg
 これまでは会場へ行った人で投票していたので、今回は投票方法が変更になり、前回までの得票数とかの状況データとは異なることになりそうです。

20200907b.jpg
手元にあった保護シールを貼って出すことにしました。

2020年09月07日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年09月02日

ウレタン処理

モデルワーゲンキハ251のキットですが、もう一つあります。

20200902a.jpg
キットそのまま保管状態ですが、保護材のウレタンを押してみたら、指が沈んでいきました。

20200902b.jpg
上蓋のウレタンをソロリとはずしてみると、中枠のウレタンの見た目はまだ形を保っています。しかし、粉末化が始まっているようです。

20200902c.jpg
キット内容物をウレタンから取り出しました。中枠のウレタンの弾力はありません。取り出すときに形が崩れていって元には戻りません。

20200902d.jpg
右から上蓋のウレタン、中枠のウレタン、下敷きのウレタン、左は紙箱です。下敷きのウレタンはまだ弾力が残っています。上や中と材質が異なるのか、場所によって劣化進行が遅いのか??

20200902e.jpg20200902e.jpg
いずれにしてもウレタンは全部廃棄しました。パーツは元袋から出して入れ替えました。

20200902f.jpg
同じモデルワーゲン製品のウレタンを点検。キハ04下回りセットです。車体はありません。

20200902g.jpg
床下機器や車端の解放テコなどの保護用にウレタンがはさんであります。これはヤバい、ウレタンが劣化したら床板に影響が出ます。

20200902h.jpg
幸いにも粉末化には至っておらず、無事にはがすことができました。

20200902k.jpg
別の袋で保管することにします。

20200902m.jpg
キハ04の下回りセット、前に購入して保管してるのが5両分あります。
右のプラ箱が保管分、今回+1で6両分です。
ただ、床下機器の配置が逆になっているので、そのまま使うことはないです。
2020年09月02日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年08月06日

Nレイアウト

許諾をもらったので、先日訪問した友人のレイアウトを掲載します。

20200805d.jpg
Nゲージの組立式レイアウトです。KATOの線路を使用しています。組線路だけでなく、フレキシブルトラックも使って、緩い曲線とかも作られていますが、写真撮れていません。

20200805e.jpg
 廊下部分を使って駅を展開。

20200805c.jpg
 玄関にも展開。

20200805a.jpg
 自分の最近作品とエコーのボンネットバス。

エコバスの元の持ち主と会えたので、持参して見てもらいました。
2020年08月06日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年08月04日

材料入手

昨日ですが、運転ボードの待避線部分用基板の材料を購入しました。

20200804a.jpg
シナベニヤ板 300×450×3 335円
檜角材 4×10×900 @55×6本 330円
檜角材 6×10×900 @77×2本 154円
袋 11円    合計830円
角材は5×10を使っていたけど、品物がありませんでした。

近鉄京都駅の出発シーン

曲線に展開するダブルクロスを渡ります。模型で敷くには、かなり困難な線路。
2020年08月04日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年07月19日

さがしもの

1/80 の167系整備用においていたDT32系台車などの行方がわからなくなってしまいました。

20200719a.jpg
こんな奥に入れ込んだことはないはず…

最近、こういうのが多くなってきて危ないです。
2020年07月19日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年07月03日

会場検討

クラブメンバーの方とお会いできる機会がありましたので、2時間ほど面談をしました。

20200703a.jpg
小規模な運転会ができないか、ということで会場を検討する資料

2020年07月03日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年05月16日

棚からおろす

ここ1・2年に導入したキットたちの保管場所が分散してきて、車籍簿への掲載も追いついていません。棚のスキマに押し込んでいるのもあるので、確認作業を始めることにします。

20200516a.jpg
一応、ラベルをこっち向けて押し込んでますが、縦横斜め適当に突っ込んでます。

20200516b.jpg
こんなところにもいる。プラケースはラベル見えない。
これを取り出したら、奥には茶箱の沼尻がおりました。

20200516c.jpg
とりあえず棚からおろしました。草軽が多いようです。あとは西大寺か…

20200516d.jpg
ちょっと広い場所で展開…確認はこれからゆっくりとね…。

2020年05月16日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2020年04月10日

エコバス

エコーモデルのボンネットバス続きです。

友人のジャンク箱から譲り受けたものなので、エッチングパーツが全くありません。ジャンク箱の中にあったのかもしれませんが、キットの全容をよく知らなかったので、それらしい部品だけを譲り受けたのでした。

20200410a.jpg
で、どうするかですが、金属にこだわるなら洋白板から糸鋸で切り抜く…とか方法はありますが、そこまですることもなかろうと思います。そこで、とりあえず窓枠をペーパーで作ることにします。

20200410b.jpg
組説の図面から寸法をとっても良かったのですが、手っ取り早く「現物合わせ」という技法?を使い、用紙を適当にカットして窓の裏からあてがって、シャーペンで窓をなぞれば、若干小さめの窓枠ができあがりです。

20200410c.jpg
あとは同じ方法でけがいて、カッターで切り抜けばできあがり。

20200410d.jpg
アルミサッシ窓枠という設定にして、手持ちのタミヤカラーのメタルシルバー缶スプレーをサッとひと吹き。ペーパーの表面仕上げをしてないのでケバ立ちがありますが、こんなもんにしておきます。

あ、車体は「江若バス」塗装を目指します。が、色味はよくわからず、手持ち塗料で何とかなるのか??です。
2020年04月10日 22:00 | コメント(2) | 模型一般

2020年04月05日

下回り塗装

エコーモデルのボンネットバス続きです。

20200405a.jpg
床板にステップをつけるのを忘れていました。シートの並びを確認。

20200405b.jpg
下回りを塗ってしまうことにします。床板は木張りで油引きというじだいでしょうね。新しい油を引いたときは黒いのですが、土足の砂・埃を持ち込んでザラッとしてくる感じ、箒でで掃いてまた油を引いて…って感じですかね。適当に混ぜて、キタナイ床色を作りました。

20200405c.jpg
床板の車内側面に吹き付け。その前にミッチャクプライマー吹いてます。床下側は吹き付けの行き届かないところもあるので、先にエナメルの筆塗りをしておきました。

20200405d.jpg
シート類をフラットグリーンで塗りましたが、もう少し鮮やかな方が良いみたい。
2020年04月05日 23:00 | コメント(0) | 模型一般