2018年11月20日

乾電池でミント缶

ミント缶DCCコントローラの電源に乾電池を使ってみる方法を試してみました。

20181120g.jpg
昇圧コンバータなどを使う方法などがあるようですが、とりあえず確実に12Vが得られるように、単三アルカリ乾電池直列8本の電池ボックスを使います。8本入り電池ボックスの重さは250g、ミント缶は91gです。

20181120a.jpg
中身はこんな様子。クリップで接続。

20181120b.jpg
ミント缶への入力電圧を測ってみることにしてテスターをDCV50で接続し電源投入。

20181120e.jpg
走行無負荷で12.3Vくらいです。

20181120c.jpg
電流も測ってみることにして、テスターは嵩高いのでアナログ電圧計と電流計を接続。電流計は3Aなので、あまり詳細な値までは読めない。

20181120f.jpg
電源オン。

20181120d.jpg
走行試験をします。バックマン製D&RGW4-4-0牽引、ROUNDHOUSE製オーバートン客車 SIERRA RAILWAY 4両編成。


電流は電源投入出力無負荷で0.05A程度、ライト点灯、ファンクション動作で0.15A程度、走行中に汽笛などを使っても0.3A以下の値でした。機関車がサウンドデコーダ標準装備でモーター制御もDCCに最適化されていると考えられるし、牽引する客車も軽い負荷なので、ミント缶コントローラとしてもアルカリ電池電源の負荷としても軽い仕業というところでしょう。

タグ:DCC HO ミント缶
2018年11月20日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2018年11月12日

運転会後

いつもどおり、運転会後のゴタゴタした状態になっています。

20181112a.jpg
10月の関東合運からの状況が蓄積して、混乱状態。

20181112b.jpg
青客車を今回も持って行こうと点検したら、何か少しずつダメージがあって、要修理が5輛にもなってしまった。よって茶色客車を持って行ったわけで、これは11月9日の状態からそのまま。

20181112c.jpg
そんな中、無事にレイアウトでのDCCコントロールにデビューできたミント缶Wです。ツマミの部分を少し短く加工して、梱包状態を小さくできるようにしました。本日を完成日付にして、ラベルを貼り付けました。

20181112d.jpg
ミント缶本体とACアダプタと出力コードをセット。

20181112e.jpg
ちょうどセットで入るポーチがあった。何かなつかしいロゴ入りだね−。
2018年11月12日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2018年11月09日

ミント缶復活

動作しないミント缶DCCコントローラWでしたが、twaydccさんで対応してもらい、本日戻ってきました。


ケースはミント缶ではなく乗工社プラ箱ですが、もう少し加工してACアダプタのコネクタ差し込みに支障ないようにしました。また電源スイッチを少し浮かせてケース外から爪先で操作ができるようにしました。

20181109b.jpg
サウンドデコーダを搭載した江若キハ36でファンクションの機能を確認。


F0~F8までファンクションを切り替えてボタンを押せば機能することを確認しました。ボタンの数は少ないですが、うまく組み合わせて使えばかなりの機能が発揮できるようになっているようです。
とりあえず明日からの出張?に持って行きます。
続きを読む
2018年11月09日 23:00 | コメント(3) | 模型技法

2018年11月05日

箱作り

南海の駅ではありません。ミント缶DCCコントローラWの入れ物を作ろうということです。本体動作しない状態ですが…。

20181105c.jpg
どなたかのサイトで見かけた情報で、乗工社キットのプラケースに入る、ということで適当な現物合わせで穴をあけました。

20181105b.jpg
画面部分とコンデンサの高さが高くて、箱の中に収まりません。フタを閉めるのを優先して大きめの穴をあけています。電源スイッチのツマミ部分が外へ出ないので、爪でも操作できずマイナスドライバとか差し込んで動かす感じになりました。

2018年11月05日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2018年11月04日

ミント缶を組んだけど

10月末に導入したDesktop Stationのミント缶コントローラWを組んでみました。

20181104a.jpg
部品のハンダ付けは問題なく終わったのですが、点検してみると3端子レギュレータTA78M05Fの極性を逆に取り付けたようです。

20181104b.jpg
これはヤバイ、というのでかなり苦労して取り外しました。はずした際に勢いでどこかへ飛んでしまい行方不明です。見つけ出せないので、パーツ箱を探したらL7805CVというほぼ同規格のを見つけたので、これを付けることにしました。調べたらL7805CVの方が1.5Aと電流容量が大きいようです。

20181104cg.jpg
またはずすことになると困るので、根元まで差し込まずに仮付け状態。基板のパターンも剥がれたので、銅線で接続修理しています。

で試運転ですが、ACアダプタを接続して電源スイッチを入れてもOLEDに何も表示が出ません。やっぱり電源系の問題か…と考えていろいろ電圧を測ってみました。

20181104ze.jpg
取り替えて銅線修理した3端子レギュレータは動作して5Vが出ているようです。

20181104e.jpg
コンデンサには12Vがかかっています。

20181104f.jpg
IC3の23番ピンの電圧はボリウム回転に応じて0~5Vで変化。

20181104d.jpg
OLEDに電源が来ているのか調べたら、GND〜VDD間に5Vがきています。

20181104g.jpg
OLEDのGND〜SCK間は3.2Vです。

とまあ、いろいろ調べましたが、ここからの対策はわからなくて、動作はしない状態でストップしました。
なお、この状態についてはデジタル鉄道模型フォーラムさんに報告を送りました。

続きを読む
2018年11月04日 23:00 | コメント(3) | 模型技法

2018年10月25日

デコーダ取替

クマタのサウンドデコーダですが、取り替えてもらうことができました。

20181025a.jpg
プチプチの中が取替品、右がC59ラベルのC56?デコーダ
レターパックは送り返し用です。

20181026a.jpg
アドレスは前の指定と同じにしてもらえました。

で、すぐにC56へ搭載すればよいのですが、28日に16.5mmゲージの運転会が迫っていますので、11月のHOJC運転会まで先延ばしです。C56は以前に搭載していたMRCのデコーダと動力との相性が良くなかったので、2月の作業でデコーダをはずしてアナログに戻しています。これが大変調子良く走るので、デコーダ搭載をためらっているところであります。さてマシマモータとESUデコーダはどうなるか…
タグ:クマタ DCC ESU
2018年10月25日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2018年10月24日

DCC関連

DCC関連のことを二つほど。
所属クラブ内では普及? しつつある、「ミント缶」とやらを導入してみました。

20181024a.jpg

20181024b.jpg
まだパーツを眺めている段階です。

20181023a.jpg
3月にクマタから導入していたESUのデコーダですが、何か表示がおかしい。

20181023b.jpg
C56用のサウンドでアドレスもそれに合わせてもらったのですが、ラベルがC59になっています。これは中身は合っていてラベルの間違いか、中身C59でアドレスだけ変更なのか、C56とC59は同じサウンドデータなのか、いろいろ考えられますが、手を付けずにそのままクマタ貿易に問い合わせて対応してもらうことにしました。
2018年10月24日 23:00 | コメント(2) | 模型技法

2018年10月21日

新入荷

まだちょっとはやいと思うけど、家人が何やら入換を始めたので、協力することに。

20181021b.jpg
ファンヒータを出してきましたが、扇風機も同居中です。塗装の時に使うので、扇風機はそのまま居続けることになりそう。

20181021a.jpg
こんな小冊子を入手しました。A4版中とじのA5版14ページ
所属クラブでは、このあたりの製品を使っている人が多くなってきたので、勉強しておこうという段階です。WEB上で情報交換や製品販売されているものが多くなっていますが、こんなまとめ本はありがたいです。

タグ:DCC
2018年10月21日 23:00 | コメント(4) | 模型技法

2018年10月20日

キャスター検討

運転ボードの中央部が垂れ下がってきているのは以前から気になっていました。四隅のアングルにキャスターを付けて支えていますが、中央にもキャスターを付けて支えようかという検討をしていました。この運転ボードの材料は「マンテン ファングル」という商品名で販売されていた組立家具ですが、現在は会社はなくなってしまい、商品の後継もなくなってしまったようです。

20181020a.jpg
試しにラック屋さんからキャスターを購入してみました。なんか大きいな。

20181020c.jpg
これが現状のキャスターですが、耐荷重的には危ういです。

20181020b.jpg
購入した40mmアングル用のキャスターですが、車輪径が65mmです。

20181020d.jpg
中央の柱のアングルに取り付くか…というところですが、穴の寸法など基本的に合わないようです。縦柱のアングルとキャスターを全部取り替えるかなぁ…
タグ:運転ボード
2018年10月20日 23:00 | コメント(0) | 模型技法

2018年10月18日

ドライバの劣化

8月に亡くなった義父の部屋を片付けるというので出かけました。妻の父ですが、家庭大工的なことも好きだったらしく、家具の転倒防止金具をつけていたりするので、取り外しに工具類を持って行きました。

20181018a.jpg
ここ一年ほどは使ってなかったので、久しぶりに出したVESSELのドライバですが、柄の持ち手部分が樹脂でできているタイプです。夏の高温の部屋で放置していた工具箱で、樹脂の劣化が進んだのか、ベタつくような手触りになっていました。ドライバとしての機能は問題ないですが、風通しの悪い箱の中で50℃近いような状態になっていると、こんなことにもなるんでしょうかねぇ。
布で拭き取って使いましたが、耐熱の「常温」として考えられているのが40℃くらいまでが多いので、昨今の夏の状態では、保管に気をつけないといけませんな。

乗務記録
醍醐9:10〜西賀茂10:15
西賀茂14:45〜醍醐15:35

タグ:工具
2018年10月18日 23:00 | コメント(3) | 模型技法