2016年09月04日

車輛作品

今年1月から8月までの製作車輛をまとめてみました。全部、前年からの継続作業をしていたものです。

20160904c.jpg
モデルワーゲンキット 井笠ホワ1  1/87・9mm
入荷2012.01.08ワーゲン  着手2014.03.30  竣工2016.01.09

20160904b.jpg
モデルワーゲンキット 井笠ホワフ1  1/87・9mm
入荷2012.01.08ワーゲン  着手2014.03.29  竣工2016.01.09

20160904d.jpg
Models IMONキット ED75  1/87・12mm
入荷2004.01.30 六甲模型  着手2014.11.12  竣工2016.05.13

20160904e.jpg
MasterPieceキット ED71  1/87・12mm
入荷2005.07.31六甲模型  着手2014.12.29  竣工2016.05.22

20160904g.jpg
KTMカツミキット ED70  1/80・16.5mm
入荷2004.07.11 六甲模型  着手2014.12.11  竣工2016.06.29

20160904f.jpg
KTMカツミキット EF70  1/80・16.5mm
入荷2002.12.21矢府尾久  着手2014.12.11  竣工2016.07.25

20160904h.jpg
乗工社キット 静鉄キハD20  1/87・9mm
入荷1994.08.27 高松理工  着手2010.01.10以前  竣工2016.08.08

20160904k.jpg
乗工社キット 井笠ホジ101  1/87・9mm
入荷1993.07.29 六甲模型  着手2010.01.10以前  竣工2016.08.10

単純に割り算すれば月産1両ペースということですが、実際は何年もかかってますので、もっと遅いペースになるでしょう。
2016年09月04日 20:00 | コメント(0) | 模型各種

2016年08月14日

仕掛留置

仕掛かり品で盛り上がるのが良いのか…ということもありますが、棚ざらしのやつも掲載しておきましょう。

20160814e.jpg
2013年にはこの状態になっていたのですが、競作参加に手を取られてから止まっています。ときどき運転会で、この未塗装状態で走らせたりしてますが…床下器具がまだのようです。

乗務記録
醍醐13:13〜鏡田13:53
鏡田15:20〜醍醐16:00
高速は混雑のようですが側道は空いていました。
2016年08月14日 22:00 | コメント(0) | 模型各種

2016年08月13日

仕掛倉庫

仕掛品の消化ということで2両出来上がったのですが、ボックスの中にはまだたくさんあります。

20160813a.jpg
何が出るやら…

20160813b.jpg
こういうのが入ってますねぇ…縮尺も混じってます。

生地完成とまでは行ってないし、下回りも探索しなければなりません。
2016年08月13日 23:00 | コメント(5) | 模型各種

2016年04月02日

変幻自在?

近所の公園の桜の様子です。

20160402c.jpg
ようやく満開かな。醍醐寺の桜より開花が遅いです。

20160402d.jpg
万千代川堤防の桜です。

運転ボードの16.5mmゲージ線路ですが、並べる車輛によって呼び方にも変化があるのでしょうか。

20160402b.jpg
これなら16番と呼べる状態ですね。

20160402a.jpg
これはHOと呼んでいい状態かな。

20160401c.jpg
でもまあ全部並べて走らせることができるので楽しいです。

乗車記録
醍醐18:05普通5610烏丸御池
烏丸御池18:30普通3722京都
京都22:36普通1211烏丸御池
烏丸御池22:48普通5103醍醐
タグ:醍醐の桜
2016年04月02日 23:50 | コメント(0) | 模型各種

2016年03月13日

課題検討

2016年になって完成した新作車輛が井笠の貨車2両だけという状況で、車輛の製作も少しは進めないといけません。
所属クラブのお題は「罪庫消化」ということで、抽斗に眠っているものを取り出してみました。

20160313a.jpg
メンバーでは、これの製作が進んでいる方もおられるようで…

20160313b.jpg
こんなのもあります。10.5mmゲージ版です。

もちろん、着手したあと箱に眠ったままのもたくさんある…
タグ:PEMP
2016年03月13日 23:00 | コメント(0) | 模型各種

2015年12月27日

在庫俯瞰

一年前の書き込みを見ると、電気機関車の組立が良いペースで進んでいました。しかし塗装で中断して、その後京阪700の製作へ移行したので、そのまま止まっている状態です。

20151227a.jpg
ホコリをかぶるので箱の中に仕舞ってフタをしたほうが良いのですが、そうすると仕掛り品の意識から消えてしまいそうなので、開けたままにしています。再開するには洗浄からやり直しやなぁ…

2015年12月27日 23:00 | コメント(5) | 模型各種

2015年09月25日

線路準備

運転会の準備です。ひな壇は解体して運搬用ボックスに入れました。

20150925a.jpg
撮影用築堤など、入るものは全部入れ込んでしまいました。

20150925b.jpg
HO線路の電源系の不具合が発覚!
急遽、古いポイントブロックを引っ張り出して、応急的配線を施しました。

20150925c.jpg
待避線接続テスト。手前の線の右端は行き止まり。
エンドレスにして電気を流してないので、現地で不具合が出るかもしれません。

とりあえずこれで線路の準備終わり。

タグ:模型線路
2015年09月25日 23:00 | コメント(0) | 模型各種

2015年09月21日

パンタ組 - TDK-C

午前、地域の行事で公園と通学路の清掃作業に行きました。

20150921a.jpg
貨車は艶消しクリアーでオーバーコートを行いました。

20150921b.jpg
アートプロ製品のTDK-Cタイプパンタグラフを組み立てます。エッチング製のバラキットですが、組み上がってみると良い感じの仕上がりになります。

20150921c.jpg
4個ほど組み立てました。
私鉄電車用のパーツのあることがありがたいです。
でも、すぐに何か使うアテがあるわけではありません。

20150921d.jpg
1/80用のTDK-Cタイプと並べて見ました。
左アダチ製、中フクシマ製、右アートプロ製1/87

2015年09月21日 23:00 | コメント(2) | 模型各種

2015年07月30日

脱線実験

京阪700形の関連で実験です。
走行する線路はFLEISCHMANN PROFI-GRLEIS 6174W、ドイツ製フライシュマンのHO道床付線路の曲線ポイント右分岐です。前後はR420の曲線をつないでいます。欧州型車輛の、幅が広くハイフランジの車輪に対応できる線路となっています。

20150730a.jpg
はじめに事の原因となった700形702号を走らせて見ます。
実物700形は両運転台車ですが、奇数車京都側非貫通、大阪側貫通の車体で、偶数車は大阪側非貫通、京都側貫通となっています。台車は日車NS84-35形で軸距2130mm、1/87で24.48mmとなります。
台車は日光モデル製D-14、軸距24.5mmです。輪軸は日光モデル製10.5mm径スポーク車輪に取り替えています。非貫通側を先頭にして走らせて見ますが、何とか通過できているようです。逆向きにして貫通側を先頭に走らせて見ると、フログのところで外側へ脱線してしまいます。

20150730b.jpg
廣瀬さんからのコメントで、台車単独での走行を試してみました。
床板から貫通側の台車をはずします。台車単独で走らせると、3回のトライで3回とも脱線してしまいました。非貫通側の台車もはずして走らせてみましたが、同じように脱線してしまいます。

20150730c.jpg
同じ軸距で他の台車はどうか試してみます。日光モデル製ボールドウィン78-275AAです。軸距24.5mm、輪軸は標準装備品のプレート車輪です。
はじめ2回ほど脱線しましたが、そのあと何回かはうまく通過できています。速度の影響もあるかもしれません。次に輪軸を標準装備品からD14がつけていた10.5mm径スポーク車輪に交換して走らせて見ると、脱線の頻度が上がったようです。

20150730d.jpg
軸距の影響はあるのかどうか、26mmの日光モデル製日車D−16台車で試します。輪軸は標準装備品のプレート車輪です。
はじめは何とか通過できているようですが、強めに勢いをつけて速度を上げると脱線するようです。次に輪軸を標準装備品からD14がつけていた10.5mm径スポーク車輪に交換して走らせて見ると、やはり脱線の頻度が上がるようです。

20150730e.jpg
軸距が長めの台車はどうでしょうか。31mmの日光モデル製TR23台車です。輪軸は標準装備品から10.5mm径ピボット軸スポーク車輪に交換してあります。
はじめは行けそうかなと思わせますが、やはり脱線発生です。わりと低速でも脱線してしまいます。

20150730f.jpg
棚から客車を取り出してきました。日光モデル製TR47台車をはいたオハ46です。輪軸は標準装備品のピボット軸プレート車輪です。
脱線転落すると困るのであまり勢いはつけられませんが、脱線の様子もなく通過してくれました。車体の有無というか、粘着重量も関係するのでしょうか。

20150730g.jpg
軸距の短い車輛も試してみました。17mmのだるまや製ブリル76Eです。輪軸はだるまやの標準装備品です。
フログ上で止まりかけますが、無電区間での集電の影響でしょう。脱線はしないで通過できています。だるまや車輪の寸法はNMRA規格CODE#110のターゲット値に近いものになっています。

さて、ここまでの実験で脱線についての考察ですが、軸距とは関係がない、車輪形状による影響が大きい、ということがいえます。
日光モデル製の10.5mmスポーク車輪は、車輪幅Nが2.4mm、フランジ幅Tが0.6mm、踏面幅Wが1.8mm、フランジ高0.55mmというところなので、落ち込みや乗り上げでスムーズな通過は困難ということでしょう。標準装備車輪は、車輪幅Nが2.6mm、フランジ幅Tが0.7mm、踏面幅Wが1.9mm、フランジ高0.7mmというところです。踏面幅やフランジ高の少しの違いで、何とか通過できるかなという寸法でしょうか。


2015年07月30日 23:57 | コメント(0) | 模型各種

2015年05月08日

機関車群

工作台横の棚ですが、組立中の機関車たちが雑然と並んだ状態になっています。

20150508a.jpg
連休後半に訃報が入り、その対応モードに入ったので、模型の進行は止まっています。何とか塗装へ持ち込みたいところですが…。

タグ:ED71 ED75 EF70 ED70
2015年05月08日 23:00 | コメント(0) | 模型各種