2020年05月24日

京阪本2冊

安易に本を増やしています。

20200524a.jpg
清水氏の本は1形の変遷の考察も丁寧に行われています。最後に編成表があるのが好感。諸河氏の本は写真集で1970〜1980年代とありますが、1960年代のモノクロ写真もあるのが好感。

タグ:京阪
2020年05月24日 23:00 | コメント(0) |

2020年05月22日

工具と技法の本

本のタイトルに興味を持って導入しましたが、中身は工具の紹介と使い方でした。月刊モデルアート誌のムック本です。

20200522a.jpg
「スケールモデル」のことについては何も語られることなく、ひたすら全編「ツール&工作」です。プラモデルの世界ではスケールモデルのことは常識、ということなんですかねぇ〜?
これは@なので、A塗料&マテリアル もあるようです。
2020年05月22日 23:00 | コメント(0) |

2020年05月21日

歴史本

明治〜大正時代のエハガキや写真や図版を特集した本を導入です。

20200523a.jpg
上の三宅俊彦氏のコレクション本はお安くないですが、大きく掲載しているのでわかりやすいです。紙質があまり良くないので、ザラツキ感があるのは価格との関係で仕方ないところでしょうか。
2020年05月21日 23:00 | コメント(0) |

2020年05月17日

澤田さんの上田本

ポチッとした本がとうちゃこ。モデルエイト出版事業部の模型製作用資料集です。

20200517a.jpg
いつかどこかのイベントなんかで手に取ってみたはずですが、購入を見送ったまま忘れていました。

20200517b.jpg
棚のスキマに入れてあったこれらの参考書ですね。

20200517c.jpg
スキマ探索したらほかにも出てきました。探しきれてないのがまだあるかも。
何か切り外した痕跡があるのは、キハ40000のドアを江若用キハ07に流用したのでした。

2020年05月17日 15:00 | コメント(0) |

2020年04月30日

2冊も購入した

昔によく見ていたサイト「私鉄車両絶滅危機図鑑」の彩葉さん制作の本、制御方式はついでに購入、送料無料化のため (^_^;;

20200430a.jpg
本屋さんルートは出そうにないので、通販とらのあな で購入
書泉でも通販ある設定ですが、「在庫ありません」になっていました。
前刊の私鉄車両絶滅危機図鑑があるはずなんですが、本棚の中探しきれてない。

2020年04月30日 23:00 | コメント(0) |

2020年04月21日

列車変遷史

近所の本屋さんへ入荷するか期待していたのですが、何回か行っても出会えなかったので、結局通販のお世話になりました。

20200421a.jpg
本の始めに書かれていますが、鉄道ピクトリアルの月刊誌に連載で掲載されていたものを編集してアーカイブしたものになっています。この連載は自分で合本化していて、月刊誌本体を解体して集めたものを接着して製本、線区別に8冊になっています。
合本にした最初の一冊は国鉄急行列車・愛称変遷史の時で、北海道・山陰・九州・四国と連載されて中断しました。この分の連載はアーカイブで発行されていません。あらためて連載開始された国鉄急行列車変遷史も北陸・高山線の途中でいつの間にか終了しています。

20200421b.jpg
最終冊は接着していますが、まだ続くかなという期待もあって未製本で置いてます。

2020年04月21日 23:00 | コメント(0) |

2020年03月31日

古いピクから

昨日の鉄道ピクトリアル61号62号の続きです。当時の本の裏表紙は、私鉄の広告に割り当てられていたようです。回り持ち?で電鉄会社の看板特急電車を掲載しています。

20200330d.jpg
61号1956年8月号の裏表紙は阪急電車の広告です。
梅田−京都間 新特急運転 ですが、「新特急」という種別ではなくて「特急」を新しく運転しますという意味でしょう。この時代なので「京都」は今の大宮駅ですね。この広告では特急標識板は右側にだけ掲示している写真ですが、実際に運行されたときは両側2枚掲示となりました。1956年4月16日から梅田乗り入れが始まり710系が主役として活躍していました。ノンストップは十三にも停車していませんでした。
これより古い号がないので、この広告がいつから掲載されているのかわからないのですが、運転開始前に正雀で撮った写真を使っているのだろうと推測されます。本は8月号ですからすでに2枚看板の710系特急が走っていたのですが、写真は差し替えられずに1枚掲示の京都線特急になっている、ある意味貴重な写真ではないかと思います。

20200331a.jpg
62号1956年9月号の裏表紙は阪神電車の広告です。
こちらも特急電車を掲載していますが、2扉クロスシート直角カルダンの高性能車3011形です。丸みをおびた2枚窓湘南形フェイスが特徴的ですね。阪神電車がこの顔のまま増備が続けられたら、今とは違う印象の鉄道になっていたかも。
案内図には路面系の路線もしっかり掲載されています。
続きを読む
2020年03月31日 21:00 | コメント(0) |

2020年03月30日

古いピクから

江若鉄道の記事関連で古い鉄道ピクトリアル誌のデータ化作業をしました。1956年昭和31年8月号 通巻61号 と 同年9月号 通巻62号です。

20200330a.jpg
表紙が高松吉太郎氏の写真で、京都-大阪間の複々線区間の走行中国電から撮影された特急かもめ号です。線路の並びからすると、外側線を国電が走って内側線を特急が走っていたのか。

20200330f.jpg
気になるのは掲載されている広告です。表紙裏の天賞堂とカワイモデルの広告。
天賞堂の東急5000型は1/40模型ですが、東急車輌納入とあります。ディスプレイモデルとして作られたのでしょうか。バスモデルは1/20で三菱ふそうへ納入となっています。小さい文字は「弊店ではHOゲージの他各種の(車両)模型制作の特別のご注文を承って居ります」ということです。この頃にはHOゲージという表現を使っていたのですね。
カワイモデルの新設カメラ部ってのは、カメラの販売もしますよってことかな。

20200330b.jpg
後ろの方の広告です。「ひばり堂」はよく知らないです。HO専門と書いてます。
「東横」は百貨店ですかね、0番・16番と書いてます。つぼみ堂模型店は”O”&HOですが、写真はアメリカ型ナローのK-28です。金属製外国型輸出品を作っていた時代でしょうか。

20200330c.jpg
これも後ろの広告です。カツミ模型店の0番EH10が登場するそうです。大きくて重いでしょうね。購入して持ち帰るのも大変そうです。ツバメ屋模型店は0番・16番=鉄道模型という面白い式?

20200330g.jpg
次の号、1956年9月号通巻63号の広告です。ページの割り当てが異なるだけで、掲載広告は62号と同じ模型店です。広告内容も同じ版を使っているようで、自社広告(鉄道図書刊行会)だけが違う内容です。

20200330e.jpg
ちょっと気になったので、ピクトリアル最新号972号2020年5月号を見てみました。模型店の広告は天賞堂のみになっていました。185系がプラ製品で発売される広告ですが、1/80 16.5mmゲージと表記されて、もう「HOゲージ」は使われていません。

20200330h.jpg
主目的の記事はこれ、私鉄車両めぐりです。
2020年03月30日 23:00 | コメント(0) |

2020年03月28日

最近購入本

近所の万千代川の桜です。

20200328c.jpg
今日も雨模様のようです。

20200328a.jpg
先週くらいに購入した本です。
月刊誌は基本やめているのですが、完全スルーができない。

20200328b.jpg
そういえばこんなキットがあったのを思い出して出してきました。
中期型ってどんなのですかねぇ。分類とかはよく知らないのです。
クラブの競作お題には入るけど…
タグ: DD51
2020年03月28日 23:00 | コメント(0) |

2019年12月02日

平積み

本はなるべく減らしていきたいのですが…

20191202b.jpg
11月後半からの本ですが、なかなか読み切れない状態で積んでいます。

タグ:
2019年12月02日 23:00 | コメント(1) |