2022年09月22日

PC枕木線路板_S738W

はんだごてを購入してデコーダの作業を行うかと思いきや、工作台の上には線路作業用品が出ているので、自分的には喫緊の課題でないデコーダの作業は先延ばしです。

20220921d.jpg
これはS369の接続部分ですが、ユニトラックのレールの端部は機械加工で切りっぱなしのような状態で、金属バリが出ているものがほとんどです。これが直接脱線とかに結びつくような影響はないのですが、レールを掃除するときに引っかかったりすることがあります。

20220921e.jpg
路盤板にネジ止めしたS369同士の接続部です。ユニジョイナーで接続しているのですが、左右は保持されて居ますが上下方向はフリーなので、道床は向き合っていてもレール同士は段差が生じてしまいます。これも直接車輛の脱線につながることは少ないのですが、電気的接続には影響が大きくユニジョイナーの欠点でもあります。着脱をくり返すとレールの道床の固定関係が劣化してきて、段差が大きくなってきたり接触抵抗が大きくなってくる傾向が出てきます。

20220921f.jpg
そこで、レールに対策をしています。ヤスリでレール先端のバリをとって、少し丸めています。この写真では丸みが分かるくらいになっていますが、ヤスリで撫でる程度の掛け方です。

20220921g.jpg
ユニジョイナーは中身の金属部をはずします。

20220921h.jpg
ジョイナーをPECOのSL310に交換してユニジョイナーで接続します。

20220921c.jpg
S369同士の接続部はPECOのSL310です。

20220921b.jpg
隣のブロックと接続する方は、金属ジョイナー部をPECOのSL110を若干短くしたものに交換しています。
道床同士はユニジョイナー接続です。

20220921a.jpg
JAMコンベンション前の工作では、レールの整備をしないでとりあえず路盤板に取り付ける作業だけを急ぎましたので、8月に作った分もやり直しをする予定です。


2022年09月22日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年09月15日

PC枕木線路板_R760W

16.5mmゲージのPC枕木線路板続きです。

20220915a.jpg
カントアプローチの間に入る両側カントつき線路板です。 R760WC…か?


20220915b.jpg
ジョイント部を少し変更してみました。
KATOユニジョイナーの金属部をはずしてPECOのSL310をハンダ付けしています。
通電改善に少しは効果を期待していますがどうかな。

2022年09月15日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年09月14日

PC枕木線路板_S738W

16.5mmゲージのPC枕木線路板続きです。

20220914e.jpg
S369を4本使ってS738Wを作りました。

20220914a.jpg
複線間隔は60mmですが、天賞堂のリレーラーについている複線ゲージを使って確認しています。サインペンで下手くそな字を書いていますが、このリレーラーは相当前の購入品ですね。学生の頃かもしれません。50年近く前のものかも。
複線ゲージは60mm、50mm、45mmが設定されています。日本型16番ゲージだと50mmが多かったですね。45mmだと路面系とかでしょうか。

20220914b.jpg
実は同じものを二つ持っていて、こっちは字を書いてないですね。同時に二つ購入はしてないと思われるので、こっちが新しいのかもしれません。

20220914c.jpg
左下に GINZA Tenshodoレジスタードマーク TOKYO と浮き彫りが入っています。
今でも入手可能なんでしょうか。
おそらくKATOなどがHOに参入する前のものではないかと思われます。

20220914d.jpg
後にはカプラーのハイトゲージがついています。
ベーカーがあるところが時代を感じさせます。
真ん中のKADEEはトリップピンのゲージですね。

2022年09月14日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年09月12日

PC枕木線路板_R760W

線路資材が到着しました。

20220912a.jpg
梱包材がたまる。

20220912b.jpg
近くに模型を扱っている量販店のジョーシンとかあるのですが、HO製品は置いていないので大阪の店まで行くことになりますが、交通費を考えると通販で購入する方が良いのです。

20220912c.jpg
これも近くのコーナンとかで扱っていますが、状態が悪かったり数が揃わなかったりするので、通販で入手しました。

20220912d.jpg
線路が入手できたので、1/4円まで作ってみました。

20220912e.jpg
こちらの直線は給電部となります。

20220912f.jpg
線路を取り付けるネジも、通販サイトで探した座金一体のタッピングねじに変更しました。

2022年09月12日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年09月08日

PC枕木線路板

いろんなことを並行してやっているのでなかなか進みませんが、16.5mmゲージのPC枕木線路板について少し変更を考えています。

20220908a.jpg
現状では曲線90°を二つに分けていますが、直線とカントアプローチの組み合わせを一体にしたものを考えてみました。
線路は位置合わせのために置いただけです。

2022年09月08日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年09月04日

線路取り出し

9月3土曜日、所属クラブの NetMeeting 、第133回です。

20220904e.jpg
背景画像を開催回数に合わせるのは苦しくなってきました。

高急運送キハニの荷物室に置いたままにしている線路箱です。

20220904b.jpg
行きは自分が入れたのですが、終了時はクラブメンバーの人たちが協力して入れいてくれました。だいぶ苦労していたみたいで、持ってきたのだから全部入るはず、などと言って悩ませてしまいました。
お世話かけてしまいました。ありがとうございます。

20220904c.jpg
16.5mmゲージのエンドレスレイアウトだけ取り出して模型室にあげました。

20220904d.jpg
箱の下の方には、車輛展示用のひな壇線路セットが残っていますが、そのまま大阪合運に使うと思われるので、入れたままにしておきます。

20220904f.jpg
JAMで新幹線0系が走れなかった原因を探ってみました。
線路板の反り状態です。
軽量化を優先して路盤に2.5mm厚さMDF板を使いましたが、ゲタとして取り付けている桧角材の反りやねじれの影響を受けているようです。
U字形になった路盤をユニジョイナーで接続すると、UUUとなって接続部がとがったようになり、支える机の凹凸の影響も出て、床下機器と線路のクリアランスが狭い0系の床下機器が、線路の凸部に当たってしまって走れませんでした。

会場机やレンタル机利用の運転会では、水平で勾配無しの線路を敷くのはかなり難しく、その場の状況に応じて凹凸ができてしまうのが状態であると考えて、線路側と車輛側の両方で対応しておく必要があるということですね。
2022年09月04日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年08月16日

線路板直線出来

HOユニトラック線路板の続きです。

20220816a.jpg
S369を縦に2本つないで複線にしたものです。
記号付けるならS738Wくらいかな。
4枚作ったところで終了。

20220816b.jpg
架線柱を立てられるように受け具を取り付けました。
以前の線路板では犬走り幅を狭くしていたので、これができませんでした。

2022年08月16日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年08月15日

線路板曲線出来

小菅氏がお見えになったので、すずしろ鉄道の編成を眺めながら歓談。

20220815a.jpg
ちょっと危ないかな。

20220815b.jpg
築堤は600mmでなんとか編成が並んだ。

20220815c.jpg
ロバート・スチーブンソン社製 加悦鉄2号機 と バルカン・ファウンドリー社製 島鉄1号機の重連です。

HOユニトラック線路板の続きです。

20220815d.jpg
複線PC枕木カント付線路が45°曲線分×8枚出来上がり。
カントは90°で0に戻ります。

20220815e.jpg
エンドレスにしてみました。

20220815f.jpg
試験走行機は宮沢のED77 DV18系×2個モータ車


起動時に7V 1.1A くらいが必要 走り出すと 8V 0.7A くらい
給電部は右側の直線でユニトラック初期製品線路の加工です。
離れるに従って少しずつ電圧降下の効果が出てくるようです。

2022年08月15日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2022年08月14日

築堤一応完成

8月13土曜日、所属クラブの NetMeeting 、第128回です。

20220814HOJC.jpg
ノートPCで録画したもの。ファイル形式変換も問題なくできた。

築堤作りの続きです。

バラスト撒布の仕上がりを目指すのは、この見本になりますが…
20220814d.jpg
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
創業当時、枕木やレールの台座は小石や砂の混じった土をかぶせられ、レールの頭だけが出ていました。旧新橋駅の展示線路では、丸い石を使っているようです。

20220814a.jpg
模型のフランジウェイを確保しながら、枕木が隠れるように薄く撒いて平均にするのが時間かかります。
枕木を隠すため、レールの間に撒きすぎてしまう傾向があります。模型のフランジウェイ幅0.5mm×深さ0.5mm程度が通るように確保しておく必要があります。

20220814e.jpg
創業当時の線路状態 鶴見駅
高輪築堤の線路写真は見つかりませんので、このあたりの史料写真を参考にするしかないですね。

20220814c.jpg
バラストを追加したり減らしたり、何とか形に盛っていきました。
フランジウェイの確認はクマタのTR11台車。

20220814b.jpg
港区教育委員会作成の断面図を貼り付けてみました。

一応、形になったので、島鉄1号機に登場してもらいます。

20220814f.jpg
海側から見て左が先頭なので横濱行き下り列車です。
官設鉄道東京横濱間鉄道の列車は開業当初から10両前後の2軸車輛を牽いていたようで、三等車1両だけというのは寂しいところ。

20220814g.jpg
加悦鉄道の2軸車を増結して右端を見えないようにしてみました。
海の上の築堤なので青い紙を敷いてみました。
背景に東海道の錦絵でも貼ってみますかね。

2022年08月14日 23:00 | コメント(1) | 模型線路

2022年08月13日

バラスト撒き

築堤作りの続きです。

20220813a.jpg
どれにしようかな…

20220813b.jpg
キャンベルのライトグレイとダークグレイを適当に混ぜて撒いています。
枕木の上にも薄く撒くのは案外難しい。

所属クラブの NetMeeting 、ノートパソコンでホストを起動してみました。
20220813c.jpg
W7のままのマシンですが録画も問題なくできそうです。
ノートPCにカメラがないので、ミーティング参加はデスクトップPCです。

2022年08月13日 23:00 | コメント(0) | 模型線路