2019年05月06日

台車調整

先日の運転会で周回できなかった旧国の整備です。

20190506b.jpg
脱線しやすいのはクモハ53の運転台側非動力台車です。排障器をセンターピンとは関係なく固定できるように改造しました。ついでに集電シューもちょこっと追加。

20190506c.jpg
コロガリへの影響確認。

20190506d.jpg
全車輪集電になりました。


20190506e.jpg
組み立てました。サウンドデコーダとか入れてみたいところですが、スパイクモデルのモータートラックなので動力付近の配線構造を改造する必要がありますので、ちょっと面倒なことになりそうです。

20190506a.jpg
これは一日展示だけで、また箱へ入ります。


(20190509 追加)
20190506g.jpg
非動力側ボルスタをスパイクモデルのワンタッチセンターピンセットに変更しています。

20190506f.jpg
バネも同セットの柔らかいバネに変更しています。

しかし、周回運転のできるJM線路がないので、テストができないのが困ったところ。
タグ:JM 旧型国電
2019年05月06日 23:00 | コメント(2) | 1/80・13mm

2019年04月29日

バックゲージ調整

平成最後の昭和の日。
旧国クモハ53+クハ68ですが、JMに改軌したときのバックゲージを調整しました。

20190429b.jpg
1989年9月なので、平成元年の完成作品です。30年目ということです。

20190429q.jpg
2月3日の運転会でJM線路を走らせてもらったのですが、クモハの前台車輪軸のバックゲージが狭く、スラックのついた曲線で内側に落ち込んでしまいました。エンドレス周回もできずに持ち帰りでした。

20190429c.jpg
落ち込んだ輪軸を測ってみます。11.4mmくらいです。

20190429d.jpg
スパイクモデル製動力側の輪軸は11.55mmくらいでしょうか。

20190429e.jpg
クハ68の輪軸も測ってみます。11.55mmくらいです。落ち込んだ輪軸とは0.15mm程度の違いですが、この違いで落ちてしまうということですね。

20190429f.jpg
ねじ込み式なので、車軸と車輪を分解して、間に0.3mmワッシャをはさんでみました。11.6mmになってしまいました。広すぎるかも。

20190429g.jpg
そのまま組んで次の運転会で走らせることにします。乗り上げるようなら、ワッシャを薄くすればよいし。

20190429k.jpg
16.5mmゲージ用排障器を少し整形して取り付けます。

20190429h.jpg
わずかですが、ウエイトを増積しました。

20190429m.jpg
塗装しておきます。

20190429n.jpg
車体との組み立て。動力台車内輪軸だけの集電でアナログのままです。

20190429p.jpg
ジャンパ線があったはずですが、いつの間にか行方不明。

JMの線路が直線だけなので、周回試運転もできません。次の運転会がテストランです。
タグ:JM 旧型国電
2019年04月29日 23:00 | コメント(2) | 1/80・13mm

2019年01月26日

ブレーキシュー取替

屋根の工事に掛かりました。

20190126b.jpg
棟材の取替と屋根・側板の洗浄。

クハ68のブレーキシューですが、接着剤はやめてネジ止めに変更です。
20190125h.jpg
ブレーキシューパーツの突起を削って、1.5mm径で穴をあける。台車枕梁には1.4mm径でネジを切りました。

20190125g.jpg
1.4mm径×3mm長さのナベ頭ネジで取り付けました。

20190125k.jpg
床板へ取付ます。

20190125m.jpg
実物では撮影出来ないアングル。

20190125n.jpg
JM線路に乗せてコロガリを確認。

20190125p.jpg
今のところエンドウの連結器です。
新発売のIMON密連に交換したい気はある。旧型が発売される可能性はあるかなぁ……。
タグ:JM 旧型国電
2019年01月26日 23:00 | コメント(0) | 1/80・13mm

2019年01月24日

ブレーキシュー取替

突然ですがJMの旧国の作業です。

20190125a.jpg
昨年8月JAM会場で購入したアクラスのブレーキシューです。購入だけして終わった気になってしまていたらしく、取替作業を忘れていました。

20190125b.jpg
そんなわけでクハ68の台車のブレーキシューを取り替えする作業です。

20190125c.jpg
アクラスのブレーキシューを日光台車のボルスタに取り付けるのですが、パーツが袋に入っていただけで特に方法は書いてないし、何かいろいろ突起があるけれど、どのように使うのかわからない。

20190125d.jpg
とりあえずゼリー状瞬間接着剤で取り付けて見ましたが、材質的には接着しそうにない感じです。

20190125e.jpg
でもとりあえず固まっているので、センターピン穴の部分を切り取って、作業を進めます。

20190125f.jpg
とりあえずで進めていると、どうもアヤシイ。ちょっとブレーキシューの向きを直そうと動かしたら。片方の接着が外れてしまいました。

うーん、どうするか考え中……。
タグ:JM 旧型国電
2019年01月24日 23:00 | コメント(0) | 1/80・13mm

2018年07月01日

研究会の席で

所属クラブの任意メンバーで集まっています。

20180701a.jpg
改軌の報告、一応ご披露しておきました。

20180701z.jpg
カンパーイ  連日やなぁ

醍醐〜南禅寺〜法然院
法然院〜南禅寺〜醍醐

2018年07月01日 23:00 | コメント(0) | 1/80・13mm

2018年06月29日

改造断念

TR23のブレーキシューを軌間に合わせるように改造できないかな…と始めてみたのですが…

20180629a.jpg
糸鋸で切って幅を詰める方法とか考えて見たのですが、強度の面などから失敗しそうで、パーツをムダにしてしまいそうな気がして改造はやめました。専用部品があるようなので、それなら購入した方が安心です。現行16.5mm用のパーツもそのまま有効に使えるということです。

20180629b.jpg
元に戻して、短い線路で編成試運転をしてみました。


この線路は直線4本分しかないので、走り出したらすぐ停止です。


タグ:JM 旧型国電
2018年06月29日 23:00 | コメント(1) | 1/80・13mm

2018年06月27日

台車交換

旧型国電の台車を交換して1/80モデルにする作業続きです。こういう作業を「改軌」というそうですが、モデルの軌間を尺度に合わせるという作業ですな。

20180627b.jpg
トビカを吹いておきました。モータートラックも丸ごと吹き付けてしまいました。

20180627c.jpg
車輪踏面と集電ブラシは磨き出し。台車の準備はこれでヨシと。

20180627k.jpg
さて、台車を交換するのはこの編成です。クモハ53003飯田線です。

20180627d.jpg
相方はクハ68 402 以上は1/80・16.5mmの状態。

20180627e.jpg
クハから手を付けました。車内はクロスシートだけつけています。そのまま台車を交換するだけです。

20180627f.jpg
1/80モデルになったクハ68。長軸なので16.5mm状態とあまり変わりません。スパイクモデルの長軸用ボルスタは日光モデルの16.5mm用よりも狭いのです。

20180627h.jpg
前から見たらこんな感じ。

20180627m.jpg
クモハ53も交換しましょう。1/80・16.5mm状態です。真ん中のレールは10.5mm用です。

20180627n.jpg
パワートラックWB31がついています。

20180627p.jpg
床下機器の状態。

20180627q.jpg
組み立てたモータートラックに交換します。密連が壊れていたので、これも交換します。

20180627r.jpg
16.5mm用排障器がついていましたが、適当に幅を狭めて流用しました。

20180627s.jpg
1/80モデルになったクモハ53。短軸なので台車が引っ込んだ感じになります。

20180627t.jpg
前から見た感じ。狭軌の短軸台車に大きな車体です。

20180627zb.jpg
1982年8月26日撮影 本長篠

20180627za.jpg
この編成を作ったものです。  1982年8月26日撮影 本長篠


2018年06月27日 23:00 | コメント(1) | 1/80・13mm

2018年06月26日

台車枠取付

モータートラックに台車枠を取り付けました。

20180626a.jpg
別の車輛から日光モデルのDT12とTR23を調達してきました。

20180626b.jpg
TR23は長軸ですが、ブレーキシューを何とかしたいところ。

20180626c.jpg
IMON線路でモータートラックの試運転をしてみました。


組んだだけで調整とかしていませんが、わりと調子よく走るようです。しかしスピードがはやすぎる感じです。キドマイティのギヤでは仕方ないところか…。


タイトル変更 台車取付→台車枠取付 2018.06.28
2018年06月26日 23:00 | コメント(2) | 1/80・13mm

2018年06月25日

モータートラック組立

クラブのメンバーからスパイクモデルのモータートラックを譲り受けました。

20180625a.jpg
コレを組むのは30年ぶりくらいか。クモハ12に一時期取り付けていたはず。
当時は車輪の形状が悪くて、直線でも乗り上げて脱線してしまっていた。この車輪はフィレットのRが改良されているのかな。
経年でさびが浮いているのでまずは研磨作業から。

20180625b.jpg
丁寧な組説にしたがって組み立てましたが、取付予定車輛から台車をはずしてこないと先へ進めないし、線路を走るのかどうかも確認出来ないです。
動力側のプレーン軸ギヤ付スポーク輪心11.5mm径輪軸はバックゲージが11.55mm、相方となる非動力側に使うスポーク輪心11.5mm径車輪は真鍮製プレーン軸へねじ込み式で、バックゲージが11.3mmになっています。実物1067mmゲージの1/80模型用輪軸の規格に寄れば、バックゲージは11.5mm +0.0 -0.2 なので11.3mmは規格内ということでひと安心。モータートラックのギヤ付輪軸のバックゲージが少し広いかも。
ブログのカテゴリが無かったので追加しました。

2018年06月25日 23:00 | コメント(2) | 1/80・13mm