2018年05月10日

07追加

5月7日のコメントに、キハ07があと2輛あるとか書いたのですが、どこに置いていたか見当たりません。箱ラベルを見落としているのでしょうが、記憶も怪しくなってきている感じです。

20180509a.jpg
さがしながら、他の作業をしています。古い教材の整理とか、運転会の開通式に使う紅白線とか…。一貫性のない思いつき作業です。

ありました。
20180509b.jpg
珊瑚オハ31系キットの箱群の中に紛れ込んでいて、見逃していたようです。左は未着手キットですが、右は中古委託品を放出の模型屋さんで見つけて購入したものでした。現物を見るといろいろ思い出します。塗装は国鉄色クリームとオレンジでしたが、購入後に自分で剥がしたものと思われます。

1986年に初期キットが出てから、自分が1/87・12mmを始めたころには、品薄で入手困難な時期がありました。たまたま見つけた07で、国鉄色を江若色に塗り直す予定で導入したものです。動くかどうか確認せずに全部分解してしまったようです。塗装を剥がしてみて、うーん、全部バラして組み直しかな〜、となって中断でした。


タグ:珊瑚 キハ07
2018年05月10日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2018年05月07日

07のウレタン

珊瑚のキハ07キットですが、気になったのでウレタンのチェックをしてみました。

20180507a.jpg
サイドのウレタンは、まだ弾力はあるものの、端部が劣化しているものがありました。底のウレタンは粉末化の寸前です。

20180507b.jpg
2002年の購入で比較的新しい?のですが、15年以上放置なので劣化も進んでいました。

タグ:珊瑚 キハ07
2018年05月07日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2018年04月06日

蒸機修理

乗工社D51の続きです。

20180406a.jpg
ギヤボックスを組立ました。

20180406b.jpg
3−4動輪間のイコライザがはずれて、取り付けねじが行方不明です。六角頭の特殊なねじですが、幸い1.4mmなので適当なねじとワッシャで修理しました。

20180406c.jpg
動力部を組み戻しました。動力部だけで走行テスト。

20180406d.jpg
全体を組み立てました。電源を入れたら一瞬ショートしたけど、テンダとの連結をやりなおしたら直りました。
試運転

20180406e.jpg
16.5mmの線路を片付けて、12mmの線路をフロアに敷きました。
フロアエンドレスで運転します。

とりあえず、原形動力をある程度保ったまま、何とか復活できたようです。
客車の牽引試験はしていません。
重い負荷をかけたり、長時間運転は避けた方が良さそうです。
金属製客車で4両程度、連続運転も5分くらいにしておきましょう。
3月25日、原宿レイアウトの25‰勾配で6両牽引で30分連続運転は、負荷が大きすぎたようです。

2018年04月06日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年04月05日

蒸機修理

ペーパー製電車のメンテナンスは一旦終了して、動かなくなった乗工社D51の対応にかかります。

20180405a.jpg
上下を分解にかかります。

20180405b.jpg
伝動軸を手で回してもギヤボックス〜動輪は動きません。

20180405c.jpg
ブレーキロッドをはずして、ギヤボックスのカバーもはずします。

20180405d.jpg
動輪からギヤボックスをはずして、ウォームギヤの様子を観察。すり減っているようにも見えますが、伝動不可能とまでは行ってないと思われます。しかし、この状態でも軸は回りません。ギヤボックス内で固渋しているようです。

20180405e.jpg
適当に触っていたらバラけてしまったのでラッキー? 清掃して滑らかに回るように調整してみることにします。しかし、元に戻るのか??

2018年04月05日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年03月13日

不調整備

3月4日付け記事で不調再来となっていたC12ですが、ロッドピンの調整をしました。

20180313a.jpg
ロッドピンが緩むのでキツめに締めていたのですが、動輪裏からわずかにはみ出していたようです。軸箱に触れたりすることがあって、ショートの瞬間が発生していたようです。ロッドピンのねじ部を少し削って対処しました。

20180313b.jpg
何度もメンテナンスを重ねて、塗装がスレ落ちてきました。

20180313c.jpg
運転ボードで試運転。 R420エンドレスの凹凸悪路です。

20180313e.jpg
こちらはTILLIGのR353エンドレスからポイントを渡って待避に入るC56です。

意外とスムーズに通過してくれて嬉しい限り。 C12でもやってみましたが…


ポイント返しのSカーブで詰まるような動きがあります。C56との軸配置の違いが影響しているのでしょうか。スラック不足かもしれませんが、プラ道床付完成線路なので、あまり調整はできません。指先でグイと拡げるくらいかな。


2018年03月13日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年03月04日

不調再来

先日復活したはずのC12ですが、線路上に置いていて、ちょっと走らせて見るか……あれ、ショートしている。

20180304a.jpg
どうもまた、第2動輪のロッドピンゆるみが発生した模様です。

タグ:C12
2018年03月04日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年02月23日

製作再開?

IMON 佐久鉄道キホハニ、昨年12月16日には工作台上にいたのですが、サイドテーブルに移動してそのまま2ヶ月放置です。

20180223b.jpg
蒸機のメンテナンスも一段落したので、製作を進めないといけません。

20180223a.jpg
ちょっとポチッとしておいたら、落ちてしまいました。
1/80・16.5mmゲージ客車です。


2018年02月23日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年02月21日

客車修理

D51の試運転時に使っていた客車で、少しアクシデントが発生しました。

20180221e.jpg
台車から輪軸とブレーキが脱落。

20180221f.jpg
ほかには問題なかったので、修理作業終了です。

20180221g.jpg
ついでにこちらオハフ33 124もやってしまいます。

20180221h.jpg
先日の運転会で、カプラーの首振りの不具合が発覚。

20180221k.jpg
交換しました。

乗車記録
醍醐8:37東西線5602烏丸御池
烏丸御池9:00烏丸線1715四条
烏丸9:11特急9880淡路
淡路9:46普通66913北千里
北千里14:52普通66703淡路
淡路15:13準急1356高槻市
高槻市15:31特急9884烏丸
四条15:55烏丸線1807烏丸御池
烏丸御池16:02東西線5210醍醐
2018年02月21日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年02月18日

床試運転

フロアにIMON組線路を敷いてD51の試運転をします。

20180218a.jpg
前回と同じく、R732と直線S288×5本ずつの小判形エンドレス。適当な厚紙で簡単な勾配をつけてみました。

20180218b.jpg
まずは単機で周回テスト

まあまあヨシとしましょう。

20180218c.jpg
客車を牽引させてみますが、箱にしまっているのを出すのも面倒なので、車輛棚に出ているのを使うことにします。スハ32、スハ43、オハフ33の3輛ですが、棚置きのままだったので台車の整備もしてなくて、コロガリがよくないようです。

勾配も何とか登れるようです。D51で3輛ですから楽勝で走って欲しいところです。

20180218d.jpg
さて、牽引数を増やしたいのですが、箱から出さないで、未完成車の抽斗から動員してきました。スハフ32を増結します。


客車がきしみ音を立てていますが、何とか走れるようです。

20180218e.jpg
もう1輛、未完成スハ32を増結します。
D51+スハ32+スハ43+オハフ33+スハ32+スハフ32です。

機関車の音がおかしくなってきました。勾配も苦しい。向こうの曲線に入ったところで、伝動軸が空転? モータは回っていますが、動輪は回らなくなっています。5輛で過負荷??

同じ編成をC56で牽引してみました。

速度は出ませんが、勾配もクリアして周回できそうです。

モータも大きくて、動輪上重量も重いD51ですから、C56寄りも牽引できて良いはず…。
20180218f.jpg
D51の伝動軸を再検討してみます。ボールジョイントの摩耗があって、駆動力が伝わっていないようです。やはりフクシマのジョイントに再登場願うことにしました。シリコンチューブはIMONではなく、乗工社原形装着品を使っています。
さて、これで先ほどの5両編成を牽引できるか??


何とか周回できるようになったようです。勾配も大丈夫でしょう。

20180218g.jpg
編成をもう1輛増結します。オロ36をオハフ33の次に入れています。


6連で周回できるようです。駆動力の伝動がうまくいっているようで、勾配も力強く通過できる感じ。

20180218h.jpg
最後に6連をC12で牽引してみました。


これがちゃんと牽くんですねぇ…。C12最強…?!

ようやくD51の走行に期待ができそうです。蒸機整備はこれで終わりにしたいところ。




2018年02月18日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年02月17日

蒸機修理

1月の修理で一度復帰した乗工社D51ですが、2月4日の運転会では異音が発生して不調に終わりました。

20180217a.jpg
ジョイント部にフレが発生して異音を出しているようです。フクシマジョイントをやめて、元の乗工社原形部品に戻すことにしました。

20180217b.jpg
しかし、この部品も劣化があって、駆動軸とチューブの間にすべりが出ています。M氏からのアドバイスを採用し、駆動軸側に真鍮パイプをかぶせて、チューブと駆動軸の摩擦力を高め、回転力がすべらないようにしてみました。ボールジョイントも乗工社の元部品にもどしてみました。
20180217c.jpg
試運転の結果、何とか行けそう。

20180217d.jpg
運転ボードでテストしてみましたが、さすがにR420を通過するのは無理で、周回はやらないで前後運転だけとなりました。
客車牽引試験をするにはIMON組線路を敷く必要があるので明日かな。


2018年02月17日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm