2020年10月09日

東急3450

久しぶりに書店に寄って本を買ってしまいました。

20201009a.jpg
もう無いかと思っていたのですが、まだ4冊くらいずつ置いていたので、コレとコレを。

20201009b.jpg
10月9日でTOKYUの日らしいので、ウチの東急車輌を。棚留置をそのまま撮影。
乗工社の東急3450更新前というラベルついてます。これは完成品です。
東急で走っているのは見たこともないので、愛着がわくというほどのことはないのですが、ブログに高急モデルノートってタイトルつけてるので、多少は縁があるものとして置いてます。

20201009c.jpg
で、こんなキットもあったりするのですが、もちろん未着手です。ウレタンは撤去。

20201009d.jpg
話題の付録を入手できたので、3450を貫通側先頭で走らせてみました。

線路部分がNゲージ用または16.5mmゲージ用になっており、どちらも合わないのは仕方ないのですが、とりあえずNゲージ線路を使ってます。運転ボードの背景で実写したほうが良いのかも。

乗車記録
醍醐14:34東西線5102蹴上
蹴上15:41東西線5109京都市役所前
京都市役所前19:12東西線5605醍醐

2020年10月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年08月31日

さがしもの見つかる

手放してないのでどこかにあるはず、という状態のさがしものがいくつかあるのですが、そのうちの一つが見つかりました。わーい(嬉しい顔)

20200831e.jpg
モデルワーゲンの夕張のキハ251です。空き箱になっています。車体を組み始めた状態で長期放置にしており、キハ17とかといっしょにプラ引き出しケースへ入れていたのですが、部屋移動したときか、ウレタン劣化処理をしたときか、どこかへ入れ替えたようです。その「どこか」がわからなくなっていました。

20200831a.jpg
クラブの競作課題である内燃車輛の関連でキットを整理していたところ、なんとMWのキハ04の箱に入っているのを発見! ラベルなどをつけてなかったので、中身はキハ04と思い込んでいたのです。ほかにワブとかコハフの箱からキハ04が出てきました。

20200831b.jpg
そうそう、思い出した、この状態。前面を取り付けたけど整形してない状態です。

20200831d.jpg
箱の中で動力系パーツとかがばらけているようですが、紛失はないでしょう、と希望的観察。

20200831f.jpg
マスキングテープでラベルを取り付けておきました。

モデルワーゲンの茶箱は、大きさが扱いやすいので車輛箱にそのまま利用しています。元のキットの金箔押しのラベルがついているので、そのままにして他の車輛を入れてますが、これが間違いの元ですね。仮の入れ場所として使っている場合も多く、やはり何らかの表示はしておくべきでした。

2020年08月31日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年08月05日

待避部分作成

運転ボードの待避線部分用基板を作成します。

20200805p.jpg
 4×10角材を使用しました。

20200805q.jpg
 台枠出来

20200805r.jpg
線路を取り付けた。

20200805s.jpg
線路取り付け、裏側からねじ止め。

20200805t.jpg
 緑化作業した。

20200805u.jpg
運転ボードに組み込んでみる。

20200805w.jpg
 ジョイナーをはめ込めばできあがり。

2020年08月05日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月29日

さらに拡張してみた

運転ボード上の 1/87・12mmゲージ TILLIG組線路ですが、短辺方向に拡げてみることにします。

20200729b.jpg
線路の作業前に車輛を棚へ片付けました。 キワとかキハとかハフとかキハとかワムとか。

20200729c.jpg
 単端はこっちにしまっておきます。

20200729d.jpg
複線エンドレスの一部をはずして、対角に直線を入れることにします。斜めに入るので、長辺方向も少し長くなります。83mm直線が入りそうなことを確認。


20200729g.jpg
83mm直線をつなぎました。とりあえず台枠なしでも大丈夫でしょう。

20200729f.jpg
 こちらもつないでエンドレスを接続。

20200729e.jpg
 短辺の両端までほぼいっぱいになりました。

20200729h.jpg
 電車で試運転。



2020年07月29日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月28日

拡張してみた

運転ボード上の 1/87・12mmゲージ TILLIG組線路ですが、長手方向に少し延長してみることにします。

20200728b.jpg
物置も兼ねている状態 (汗)
 調べ物に使った本を置いてますが、一応、切り通し的なイメージで…

20200728c.jpg
運転会用マルチゲージレイアウトとして、この外側に16.5mm−10.5mm線路を敷く配置になっているので、運転ボードでは少しスペースが残っています。この部分を延長してみます。

20200728d.jpg
直線166mmのブロックを移動してみました。待避線部分が延長できます。

20200728e.jpg
線路ブロックをぬいてしまったところは、とりあえず線路だけつないでみて、全体の様子を確認してみます。

20200728f.jpg
長辺を166mm延長しましたが、まだ少しゆとりはあるので、短辺側も広げられるか、次の課題としてやってみます。

20200728g.jpg
複線用のベースボードが余っていたので、とりあえず支えとして入れてみました。

しかしやっぱり、車輛は片付けておくのが良いでしょうね。

2020年07月28日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月12日

キワ90の登録

IMON キワ90 の続きです。 DCCデコーダ搭載しましたが、アドレス変更などの作業が残っていました。

20200712k.jpg
CV001に#90を書き込み。アドレス#90としました。

20200712m.jpg
アドレス#90でのコントロールを確認。

20200712n.jpg
キットのウエイトでも十分と思われますが、若干の牽引力向上と州電力向上をねらって、ウエイトを追加しています。車体側面ないと仕切り板に取り付けました。
自重118g→128g、動力上重量75g→83g にと増加しています。

20200712f.jpg
車籍簿登録写真の撮り直し。前照灯レンズを取り付け後の姿です。

20200712h.jpg
車籍簿の登録内容を更新しました。

20200712g.jpg
2020年07月12日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月10日

キワ90の製作_最後

IMON キワ90 の続きです。 ライト制御も確認できたのでDCC化完成です。

20200710a.jpg
レンズの取り付けが残っていました。

20200710b.jpg
木工用ボンドで固定しています。

20200710c.jpg
もう一度、走行確認。

20200710d.jpg
運転ボードで部屋を暗くして走らせてみました。

20200710e.jpg
牽引力試験。R310曲線で混合列車を牽く。
機関車じゃないので「牽引」という言葉がなじむのかどうか…

運転ボード全体が凹型になっているので、直線から曲線にかかるところが上り勾配になっています。一軸駆動でこれだけ牽くと少し苦しいようです。

サウンドデコーダ搭載は後の課題として、クラブの課題作としてはここまでで完成にしておきます。
タグ:IMON DCC キワ90
2020年07月10日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月09日

キワライト配線

IMON キワ90 の続きです。 なんとかDCC化に進めそうな気配です。

20200709a.jpg
空中配線のまま、運転ボードエンドレスで走行テストします。


コントローラはDCS50Kです。エンドレス周回もなんとか行けそうです。
動力系の制御見通しが立ったので、前照灯の制御系配線へ進みます。

20200709c.jpg
将来的にはサウンドデコーダ搭載希望なので、ロクハンA053デコーダは再利用可能なようにリード線は長いままにしています。橙灰色線はモータ端子へ直接取り付けに変更。ライト用の青白黄線にコネクタを取り付けました。

20200709b.jpg
車体側の前照灯LEDの配線です。ちょっと雑ですが、基板とかを使わずにコネクタにCRDを直付けして電流調整しています。

20200709d.jpg
コネクタを適当にはめて進行方向と前照灯の向きを確認。最初は逆に点灯したので、コネクタの向きを変えてやれば、進行方向と前照灯の向きが一致しました。

タグ:IMON DCC キワ90
2020年07月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月08日

空中配線DCC

アナログで一応の完成車にしてしまったキワ90ですが、デコーダ搭載DCC化に再度挑戦です。ロクハンA053デコーダをやめて、一気にサウンドデコーダを搭載してしまうことも考えましたが、原因究明もしてみたい気もしますので、新しい別のA053デコーダをつないでみることにします。

20200708e.jpg
A03のストックが数個あるので、取り外したのとは別の新品を出します。

20200708f.jpg
絶縁用ヒートシュリンクチューブが添付されていますが、前回はそのまま使用してはんだごての熱で収縮させましたが、回路に影響が出ている可能性も考えて、今回はテープで絶縁することにします。

20200708g.jpg
アセテートテープを使いましたが、10mm幅では一回でカバーできないので二回に分けて巻いています。

20200708h.jpg
キワを分解してアナログ配線を分離します。

20200708k.jpg
デコーダの橙灰線はモーター端子に直接つながずに、リード線に空中ハンダ付けしました。

20200708m.jpg
空中配線のまま、デコーダも適当に置いて、走行試験をします。

コマンドステーションは KATO の DCS51K です。最初は動きがぎこちない感じでしたが、集電不良のようでレール清掃、往復しているうちに走るようになりました。


前の突然逆転高速走行は今のところ起きていません。

20200708n.jpg
コントローラをミント缶に変えてみました。何とかいけそうです。


しかし、走行条件が変われば突然また発生するかもしれません。
考えられることとしては、

デコーダ個体のバラツキ → 新品デコーダで発生しなければコレか?
ヒシチューブ収縮時の熱影響 → 検証はどうしたら?
デコーダとミニモータとの相性 → 前のデコーダを他のミニモータ車に搭載してみる
デコーダとキワ動力との相性 → 前のデコーダを他車に搭載してみる
コントローラとの相性 → コントローラを変えてみる

他にもあるか?? とりあえず、空中配線のままで、次の試運転、エンドレス走行させてみます。

本日報告はここまで。
タグ:IMON DCC キワ90
2020年07月08日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年07月02日

新入荷オロハネ10

6月中に入荷していましたが、キワのことばかり書いていて、こちらに書き留めておくのを忘れていました。車籍簿には掲載しています。

20200622a.jpg
HOKUSEI WORKS の車体キットです。

20200622b.jpg
アートプロ経由で入荷しました。

オロハネ10といえば「大雪」が有名ですが、北海道ではなく山陰線の「さんべ」くらいを考えています。どちらの列車も1974年オロハネ10連結時代に乗車していますが、オロハネに乗車はしてなくて、自由席座席車に乗っています。オロハネの写真も撮ってないです。
2020年07月02日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm