2017年07月23日

周回運転

駄知鉄道キハ12改め江若鉄道キハ36です。運転ボードでエンドレス周回運転をしてみました。

20170723a.jpg
運転ボードに線路を敷くのは久しぶり。TilligのHOm用組線路を導入したので、TT用と混じっています。

20170723b.jpg
道床のプラ整形型はTT用途同じもので、成形色だけ異なるものになっています。木製枕木風の色ですが、TT用のPC枕木と同じなので、「木製色PC枕木」になってしまっています。接続のユニジョイナーの色も枕木色に合わせてあります。

サウンドテストしながら周回運転しました。

HOn3.5で使うには急曲線のわりにスラックが少し不足のようです。ユニジョイナーの接触不良やレール端の形状などで短軸台車が脱線しやすいです。ポイントはスプリング動作を使っていますが、車重不足気味で、トングレールを押し開いて通過するのも不安定な感じがあります。もう少しウエイトを積んだ方が良いようです。

2017年07月23日 22:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年07月22日

デコーダ搭載完了

駄知鉄道キハ12改め江若鉄道キハ36のデコーダ作業です。

20170722b.jpg
ヘッドライトに電球色LEDを組込。CRD10mAを基板に取り付け。

20170722a.jpg
下回りと上回りを接続するピンを取り付けました。

仮設状態で走行と点灯方向を確認。


20170722c.jpg
コードを車体に押し込んで組み立て完了です。

20170722d.jpg
最後にヘッドライトレンズを取り付け。

走行テストしました。


アナログ状態で放置期間が長かったですが、これで目標の設備は組込完了です。アメリカンサウンドのままですが、サウンドの書き換えができるらしいので、装置を揃えて日本型気動車にしてみたいところです。

2017年07月22日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年07月20日

デコーダ調整作業

駄知鉄道キハ12改め江若鉄道キハ36のデコーダ作業です。

20170720b.jpg
右の黒いのがスピーカです。車体側にロングシートがついているので、車体内はいっぱいです。

20170720c.jpg
なんとか車体をはめ込むことができるようです。

20170720a.jpg
D101とDT402でアドレスとかCVの調整をしました。


SDN136PSのディーゼルモードの音はSD38の音だそうですが、エンジンの音はあまり大きくないです。

2017年07月20日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年07月15日

デコーダ搭載作業

久しぶりに模型工作をすることにします。昨年11月にアナログ状態で一応完成していた駄知鉄道キハ12改め江若鉄道キハ36です。

20170715d.jpg
デコーダSDN136PSの搭載準備工事はできていたのですが、そのまま半年以上放置となりました。

20170715e.jpg
床板取り外しのねじ位置も忘れてしまう状態です。こんな幹事の予定だったかと。

20170715f.jpg
配線をはずしたり付けたりして、さてどうなることやら…

20170715g.jpg
スピーカはすでにキューブ形をつないであったので、赤黒線を給電側、橙灰線をモータにつないで電源と動力系は終わり。スピーカとデコーダ本体はゴム系接着剤で付けてしまいました。

音出しは一応成功。蒸機モードになっているようです。スロットルを少し上げるだけで速度が出てしまい、ゼロにもどしても止まりません。コンデンサが効き過ぎ??

走って音が出るのを確認出来たので、あとは前照灯系の配線とCV値の調整などで何とかなるかな。


2017年07月15日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年01月04日

行違運転

昨日敷いた待避線ですが、通路としての足の置き場の関係で、ポイントの向きを逆にしました。

20170104a.jpg
待避を窓側へ向けて、中央を通りやすくした。

20170104b.jpg
デコーダ搭載車輛を並べる。

スプリングポイントは左側通行で通ります。2列車の行き違い運転を行いました。

掲載ファイルサイズの関係で画面が小型になっています。640×480の長時間版はホームページへ掲載。

タグ:動画 HOn3.5
2017年01月04日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年01月03日

配置変更

息子達やヨメさんになる予定の娘が訪れて、宴の三が日を過ごしてしまいました。

年越し〜新年運転会の線路ですが、IMON線路のポイントで待避線をもう一つ作ってみることにしました。

20170103c.jpg
キチンと寸法が合ってないような感じですが、何とかつながっていますので脱線するようなことはないでしょう。

20170103b.jpg
ポイントの手動転換は面倒だし、待避線のブロックスイッチもないので、DCC対応にしてスプリングポイント機能を使ってみます。せっかく敷きましたが、裏返してピンを非選択式に接続変更します。上からスイッチで変更できたら楽ですがねー。

20170103d.jpg
デコーダ搭載車DD13 318で試運転してみました。非選択式でスプリングポイント機能も働くようです。
行き違いなどは、また明日やってみよう。
タグ:HOn3.5
2017年01月03日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2016年12月09日

ワム手摺

ワム80000について、江若鉄道に配置するという、自分の勝手な想定にコメントをいただきありがとうございます。

20161209a.jpg
車輛棚の「江若」マークをつけた貨車の中に並べて見ました。ワムハチはさすがに長いですね。となりのワム50000と比べると倍くらい積めそうに見えますが、断面的にはわずかに大きいだけで、荷重は同じ「ム」ですから15tです。

20161209b.jpg
IMON製品の車端部の造形です。ブレーキやステップははずれますが、手摺は車体と一体浮き出しモールドで、白をさして立体的に見えるように作られています。みつるさんのサイトの写真に寄れば、片側ブレーキ車の場合は左側の長い手摺がないので、削り取ることになりますが、これは難しい作業になりそうです。妻板端梁のブレーキ側表示も浮き出しモールドが両側にあるので、これも削り取りになるようです。

いずれにせよ屋根のリブは加工困難なので、完全な初期型にするのは難度が高すぎですね。廣瀬氏のコメント「社型ワムハチとして楽しむなら、機能的な辻褄が合っていたら良いかと思います。」に頼ることになりそうです。


タグ:IMON 国鉄貨車
2016年12月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2016年12月05日

ワム分解

廣瀬氏のコメントに影響されて、ワム80000を分解してみました。

20161205a.jpg
分解といっても上下を引っ張れば抜けてしまうという感じです。側ステップとV形のテコ支持が一体になったパーツと、ブレーキテコと側ステップが一体になっています。向こう側も同じ構造です。
ワム80000の初期型というのでしょうか、形をよく知らないので、何を外すのか調べてからにしましょう。とりあえず元に戻しました。

乗車記録
醍醐8:30東西線5506烏丸御池
烏丸御池8:52烏丸線1803四条
烏丸9:00特急7321淡路
淡路9:36普通1852北千里
北千里18:26普通5859淡路
淡路18:53快速5805烏丸
四条19:42烏丸線1714烏丸御池
烏丸御池19:48東西線5104醍醐
タグ:国鉄貨車
2016年12月05日 23:00 | コメント(6) | 1/87・12mm

2016年11月27日

ワムハチ

二人で出かける予定があったのですが、相方の体調不具合で中止となり、空白の日となりました。
で、購入してそのまま積んであったモノとか、パーツ箱の整理とかしてました。

20161127a.jpg
こういうのを10月に導入していたのですが、どうしよう、江若のマークを入れてしまおうかな…。江若鉄道の廃止が1969年、ワム80000は1960年から製造なので、年代だけ考えれば使っていたと仮想しても問題なしとしましょう。

タグ:国鉄貨車
2016年11月27日 22:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2016年11月20日

客車整備

客車整備の続きです。掲載が前後してしまって、11月11日の作業分です。

20161120a.jpg
スユニ61の連結器をkadee#711からIMON HOー101に交換しました。

20161120b.jpg
オハフ33とオハ47です。台車側枠がはずれてしまいました。

20161120c.jpg
取り付け戻しました。

今回のメンテナンスも含めて車輛紹介ページを更新しています。

2016年11月20日 17:00 | コメント(0) | 1/87・12mm