2018年09月18日

国鉄キハ20 - 17

モデルワーゲンのキハ20続きです。車体の塗装に進みます。

20180918a.jpg
マッハのシールプライマーを吹いてから、マッハの下塗り兼用プライマ白を天井部に塗りました。

20180918b.jpg
天井部をマスキングして車体内部食を吹きました。マッハの一等帯色が余っていたので、それをベースに調色した色です。

20180918d.jpg
マスキングテープを剥がしましたが、前頭部内側がテープにくっついて一部剥がれてしまいました。久しぶりにタミヤのテープを使ったのですが、やっぱり粘着力が強いです。

塗膜が落ち着くまで、しばらく時間をおきました。

さて、ここまで国鉄キハ20ということでタイトルをつけていましたが、やはり江若塗装にすることに。国鉄から譲り受け?払い下げ?で江若鉄道にやってきたという勝手な構想にしてしまいます。

20180918e.jpg
江若塗装=交直流急行電車=クリーム色とローズピンクの塗り分けです。

20180918f.jpg
とりあえず全体をクリーム色に塗ってしまいました。

20180918g.jpg
このまま一晩おくことにします。次のマスキングが時間かかりそうです。

タグ:MW 塗装 キハ20
2018年09月18日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年09月17日

国鉄キハ20 - 16

モデルワーゲンのキハ20続きです。塗装に進みます。

20180917a.jpg
クレンザーで研磨洗浄して水洗い乾燥、シンナーで油脂除去して、塗装に入ります。ベランダで塗っていたら、雨が降ってきたので部屋へ待避。

20180917b.jpg
とりあえず下回りの塗装を行いました。

20180917c.jpg
組み立てて運転ボードで試運転。塗装のための分解でウオームをはずしてモーターをはずして…なので、再び組み立てると動力の調子が変わってしまいました。走る方向によって調子が異なるのはキドモータの特徴??
マシマかイモンのモータに交換しようかなぁ…

タグ:MW 塗装 キハ20
2018年09月17日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2018年09月16日

国鉄キハ20 - 15 DCC準備工事

モデルワーゲンのキハ20続きです。DCCサウンド搭載準備工事をしておきます。

20180916a.jpg
デコーダはまだ用意してないですが、スピーカ搭載だけ工事しておきます。適当な大きさで穴をあけました。

20180916b.jpg
床下側からスピーカの位置合わせを確認。

20180916c.jpg
日本橋の店で購入してあった15mm×25mm長方形の小型スピーカをネジ止め。メーカーもブランドもわからないですが、8Ω1Wとか書いてあるので、まあ一般的なインピーダンスのスピーカのようです。

クラブメンバーの小菅さんが来訪されて、同じようにMWのキハ20を競作ネタ車輛にされているので、いろいろ話しをしました。いくつかご指摘も受けたので可能な範囲で対応。

20180916d.jpg
貫通扉上部の通風口がついてない、というご教示で1.2mm帯材を適当な長さに切ってハンダ付けしました。
ヘッドライト部分に角穴を開けました。LED装着予定ですが、実装テストしてみないで適当に開けてしまいました…。
エコーモデルの気動車用胴受があったので、現物合わせで取り付けて見ました。

20180916e.jpg
こっちも同様に。

20180916f.jpg
こんな顔になった。

20180916g.jpg
床板止めネジの位置をセンターピンより外側へ変更しました。

20180916h.jpg
こっちも同様に。スピーカは2/3くらい顔を見せています。

20180916k.jpg
排気管にパイプを入れた方が良い、というご教示ですが、ちょうど良いパイプの在庫がない。穴は1.1mm径ですが、1.5mm×1.0mmのパイプの外側を削って穴に入るようにしました。西野さんからの図面と写真を参考にヤスリで整形。

20180916m.jpg
ドア案ドルの穴を0.4mm径で開けておきました。

塗装工程へ進めないと大阪合運には間に合わない。
まあ、最終は関東までだから…と余裕こいていたらいけません。

タグ:MW キハ20
2018年09月16日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm