2020年10月27日

粘着重量を増やす2

クモハ123の作業続きです。

20201027a.jpg
ウエイトを少し増量して、形を仕上げ、塗装しました。

20201027b.jpg
全部で28gとなりました。

20201027c.jpg
駆動側にゴム系接着剤で取り付けました。

20201027d.jpg
車体を組み付け、動力上重量を測定します。120g→150gとなりました。

20201027e.jpg
運転ボードで走行テストします。


かなり良い感じの走りになりました。勾配で空転しながら上る感じはなくなっています。

20201027f.jpg
全体自重を測るの忘れてた。266gです。
動力上が150gなので、半分以上は動力上にかかっています。

クモハ123のメンテナンスはこれくらいにしておきます。


2020年10月27日 22:00 | コメント(1) | 1/87・12mm

2020年10月26日

粘着重量を増やす1

運転ボードの勾配は台枠の修正が必要ですので、先延ばしにすることにして(汗)、電車の側の対策を進めることにします。

20201026b.jpg
クモハ123-1ですが、たしか動力上重量のデータはとってあるはず。

20201026a.jpg
WEB車籍簿に記録していました。自重が238gで動力上重量が120gですから、ほぼ半分くらいです。4軸全軸駆動なら良いバランスですが、片側台車駆動では、やはり駆動軸上に多めに掛かってないと、勾配や逆カントでは輪重不足になると思われます。

20201026c.jpg
ウエイトを積むのが簡単確実です。車内はキット通り、床板側に取り付けた乗員室仕切り板だけなので、そのまま駆動台車側の床上に板ウエイトをつけることにします。

20201026d.jpg
板状で残っていた1mm厚鉛板の形を加工しました。

20201026e.jpg
こんな感じで搭載ですかね。

20201026f.jpg
作ったウエイトの重さは23gのようです。

運転ボードで効果を確認してみます。車体はずしたので下回りだけで試運転。
まずはウエイトなしの状態から。

左奥の曲線部は20‰前後あるようなので苦しいです。モータは回っていて集電不良ではないので、明らかに粘着重量不足です。

20201026g.jpg
23g分のウエイトを駆動側に搭載して走らせててみます。


かなり効果があって改善が見られますが、電車の単行なら20‰くらいはスイーッと上ってほしいところ。もう少し増やすことにして今日はここまで。


2020年10月26日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2020年10月25日

運転ボードの勾配

所属クラブのNetMeetingの時に、運転ボードでエンドレス運転を生中継して参加しています。昨夜は1/87・12mmでクモハ123を走らせていましたが、曲線部にかかるところで走りが悪くなっていました。

20201025b.jpg
運転ボードはLアングルをねじで組んだ台枠の上に、50mm厚のスタイロフォームを置いただけの、簡単フラットトップボードです。四隅の柱の下にコロをつけて移動できるような支持方法にしています。

20201025c.jpg
中央部は支持するものを設けてないので垂れ下がり気味になり、四隅から中央へ向かっての下り勾配ができる形になっています。逆に云うと、中央から四隅へ向かっては上り勾配になります。台枠に置いたスタイロフォームも新品時はまっすぐだったものと思われますが、台枠の変形の影響や中央部を物置に使ってしまうこともあって、全体がU字形にたわんで来ているようです。ボード上に敷いたエンドレスは、直線部が低く、曲線部で勾配ができてしまう線形になっています。そこで、たわみの程度を測定してみることにしました。

20201025d.jpg
床からボード上までの高さを測っています。
背景板に向かって右前端で720mmです。

20201025e.jpg
これはほぼ中央部の高さです。715mmくらいです。

20201025f.jpg
左前端部です。720mmです。たわみ量としては5mm程度で、見た目より少ない値に感じます。

長さ<−−900−−><−−900−−>
高さ 720−−−−715−−−−720

900mmで5mmの勾配になってますので、5÷900×100≒0.56%
多めに見積もったとしても1%くらいでしょうか。お座敷運転の凹凸くらいのもので、走行に影響を与えるほどの勾配ではないですね。
ということはクモハ123の走行性能の問題でしょうか。動力はFM-Dが1台ですが、粘着重量不足ということかもしれません。

ところで、ボード側面で測定して計算するとこうなるのですが、実際に線路上で測ってみるとかなりの勾配になっているようです

20201025g.jpg
12mmゲージTILLIG線路の上に、簡易勾配目安器を置いてみました。水準器に目盛りを入れただけなので、勾配計と呼ぶほどの制度はありませんので、「目安」程度です。サインペンで入れた目盛りは2%程度のところですが、この線路上では2%程度まで示しているようです。

そうなると長さは短いとはいえ20‰程度の勾配で、しかもR353の急曲線、しかも逆カントぎみというような悪条件の線路になっているようです。
平面のボードに敷いた線路なので、全体を見ると平らで勾配は関係ないように思いがちですが、局部的には走行には悪条件な線路状況になっているようです。

2020年10月25日 23:00 | コメント(2) | 模型線路