2019年06月06日

更新情報

高急グループWebページの更新を行いました。

20190606a.jpg
高急グループ→鉄道模型→模型工作→輪軸と線路の研究 です。研究と云っても今のところ各部の測定値を記録しているだけです。

20190606b.jpg
線路のページを追加しました。 しかし、研究と云うほど、線路の種類を置いているわけではありませんので、今残っているモノだけ記録しておこうという程度です。

とりあえず16.5mmのポイントから。
20190606r.jpg
ATLAS HO Right Hand Turnout
レール:CODE 83
フログ:4番

 G:16.7mm ○
 C:15.3mm △
 S:14.0mm △
 F:1.3mm ○
 H:1.2mm ○
 P:14.9mm ○
アトラスのHOスタータセットという線路だけのセットに入っているポイントです。正確な番手はわかりませんが、4番よりもキツイようです。これも微妙なところでS-3.2規格からはずれているポイントです。枕木は2〜4本おきに長くなっていきます。手動で転換できる装置がついています。

20190606s.jpg
KATO HO UNITRACK
レール:CODE 83
フログ:6番

 G:16.8mm △
 C:15.2mm ×
 S:13.6mm ×
 F:1.62mm ×
 H:1.3mm ○
 P:14.9mm ○
KATOのユニトラック6番ポイントですが、トングレールがプレス曲げの古い製品のため、トングレール下の枕木部分にプラ板で補強を入れています。ゲージは広め、フランジウェイも広めに作られており、S3-2規格には合わない項目が多いです。しかし、OOの車両も走れますので16番ゲージ用といえます。HOユニトラックという商品名ですが、パッケージにはHO-GAUGE と表記されており、HOscaleを名乗っていません。KATOさんはHO、HOscale、HO-GAUGEの3つの呼称をうまいこと使い分けて商売してますので、KATOさん的HOとしては構わないようです。

20190606t.jpg
WALTHERS Left Hand Turnout
レール:CODE 83
フログ:5番

 G:16.7mm ○
 C:15.4mm ○
 S:14.1mm ○
 F:1.2mm ○
 H:1.1mm ○
 P:13.5mm ×
WALTHERSのポイントはSHINOHARAの製造です。裏面にMADE IN JAPAN SHINOHARAの刻印があります。SHINOHARA製にしては基本レールの曲線が比較的美しくできているのですが、トングレールが長くてPの値が狭くなっています。フランジウェイは非対称になっています。微妙なところでS-3.2規格からはずれているポイントです。枕木は3〜4本おきに長くなっていきます。

このたった三種類のポイントは、厳密にはS-3.2に準拠していないので、NMRAのHOを名乗ることはできないでしょう。WALTHERSブランドのシノハラ製はPの狭いのは見かけは実物らしくないですが、模型走行に余り影響無さそうなので「準拠していることにしておこう」くらいは許されるかな。安くて便利なKATOポイントがNMRA Standard HO規格に全く準拠してないのはフログの見かけだけでもわかります。1/80日本型の狭幅車輪に対応するより、欧州の広幅車輪に対応する方が重要なのでしょう。しかしNEM110のフランジウェイmax1.3mmを超える1.6mmフランジウェイは何でしょう。NMRA S-4.3のDeep Flanges のT値は1mm以下なので、その対応でもなく、やっぱりOO規格対応でしょうね。あ、OOの輪軸規格ってどこかにあるのかなぁ。

三つの製品では「NMRA Standardに準拠したHOの線路がないこと」について言及することはできませんが、三つとも「NMRA Standardに準拠したHOの線路ではない」ことは確かなようです。

2019年06月06日 23:00 | コメント(2) | お知らせ

2019年06月05日

更新情報

所属クラブの公式ページ更新のお知らせです。

20190605a.jpg
規格のページからNEM310の日本語版へリンク設定しました。
更新履歴を設置しました。
URLは http://www.hojc.jp です。

20190605b.jpg
第20回国際鉄道模型コンベンションへの出展が決定しました。

2019年06月05日 23:00 | コメント(0) | お知らせ

2019年06月04日

旧国整備

6月2日の運転会でようやく周回運転ができるようになったJMの旧型国電です。

20190604a.jpg
適当な2両用の箱がないので、3両はいりそうなモデルワーゲンのキット箱に入れています。

20190604b.jpg
クモハ53 と クハ68400 です。ピノチオの古いキットを組んだものです。1989年竣工の記録。16.5mmゲージで作りましたが、最近になって走り装置関係を交換して13mm・1/80にしています。

20190604c.jpg
周回運転で2両の連結面間に使っているエンドウの「連結できる密連」が劣化してきているようで、走行中にはずれてしまう状況が発生しました。そこで信頼性が高いと期待する(まだ実績も少ないので期待)IMONの密連に交換することにします。

20190604d.jpg
エンドウのカプラーをはずします。30年間ご苦労さん。まあそんなに動かしてないですが…。
あれ、何か袋の番号と中身が違うな。穴径2mmのHO-265のはずだけど…。

20190604e.jpg
IMONカプラー やっぱりHO-265です。先頭に付けているのは旧型の密連です。1/80用のはずですが大きいなぁ。IMONで旧型の密連は発売される可能性は低そうです。

20190604f.jpg
カプラー交換しますが、胴受のスキマに入らないので、少しヤスリで削ります。

20190604g.jpg
クモハ53 カプラー交換出来ました。

20190604h.jpg
クハ68400 も交換しました。

20190604k.jpg
高さが合いません。床面高さがあってないようです。

20190604m.jpg
クハ68は車体枕梁を少し高めに交換することにしましょう。これはキットのパーツそのままピノチオ製でしょうかね〜?

20190604n.jpg
日光製の半端モノがあったので、ピノチオ製ははずして交換します。

20190604p.jpg
交換して台車を取付。

20190604q.jpg
こちらはクモハ53の乗務員室側台車です。排障器と車輪が接触しそうなので、間隔を保てるように調整しました。

20190604r.jpg
クモハ53の動力側です。車体枕梁の取付方法を変更し、ネジを車体内へから取り付けるようにしました。クハ68との高さも調整します。

20190604s.jpg
クモハ53は動力試運転して確認


20190604t.jpg
連結器は中心高さ880mmの1/80で11mmになっているか、若干高めのようです。この2両で編成を組めれば良いので、編成内で合えばOKとしましょう。

20190604u.jpg
JMのエンドレス線路がないので、周回運転ができません。
「初めに線路ありき」とか。 製品があるうちにエンドレス線路を買っとくかな…。

20190604w.jpg
参考にしたのはこの編成  飯田線 本長篠  1982年8月26日撮影

追記
JMの記号付けなくても「1/80」だけで良いはずですが、「日本の実物1067mm軌間の鉄道を1/80で作る模型」を主にやっている方たちがJMと呼ぶのを決められたようなので、それに合わせています。模型なので尺度だけでもいいかと思いますが、線路との関係がいろいろあるので、尺度だけでは線路を走れなくなる模型もあるところがややこしいです。

タグ:JM 旧型国電
2019年06月04日 23:00 | コメント(0) | 1/80・13mm