2019年06月03日

「1/80もHOである」 と 「1/80はHOではありません」
を考える

 Giants of the West と題するブログでゲージや尺度や呼称について話題になっているようです。自分はGiants of the Westさんにはリンク設定をしていないし、自分の所属クラブメンバーで話題になったときなどに訪問して読ませてもらう程度というところです。Giants of the Westのブログ主さんとは大阪合運ではお目に掛かることはありますが、挨拶程度で深い話をしたことはありません。おそらく、こちらのブログは読まれてない可能性が高いと思います。
 Giants of the Westさんのブログに掲載された「Empirebuilder」というお名前の方からのコメントが、クラブメンバーでも話題になっています。遡ると1月頃から続いているようで半年くらいになるのですね。Giants of the Westのブログ主さんはOスケールを主にしておられることは存じておりますが、投稿されたEmpirebuilder氏はHOとHOn3を楽しんで来られたということだそうです。

 Empirebuilder氏のご意見では、NMRA Standardsに準拠することが前提で「1/80もHOであると考える根拠がある」が述べられています。
 この「1/80」が単純な縮尺値と考えるなら、NMRA Standardsにおいて「HO」は標準軌鉄道の模型のNAME OF SCALEなので、模型の軌間は1435mm÷80=17.94mmになります。もし実物1067mm軌間の鉄道を考えるとしても、模型の軌間は1067mm÷80=13.34mmになります。このような縮尺や模型軌間を持つ規格はNMRA Standardsの中に示されていないので、「1/80はHOではありません」になってすぐに終わります。

 ところで、論議になっている「1/80」には「16.5mm軌間の輪軸を使い、車体その他の部分を1/80でつくる車輛模型」という意味で使われている、と理解しています。
各者「1/80」とだけ書いて話が進められていて、とりあえずは通じているようですが、「16.5mm軌間の線路の上に、16.5mm軌間の輪軸を使い、車輪径や軸距、車体その他の部分を実物の1/80でつくる車輛を載せた鉄道模型も、NMRA Standards を根拠としてのHO」なのか、ということになるでしょう。16.5mm軌間となった経緯はいろいろあったわけですが、現在の解釈では、標準軌と呼ばれている4ft8-1/2inch=1435mm軌間の鉄道を、「1ftを3.5mmの割合として模型で作る」ときの軌間として使われるようになったわけです。この割合を3.5mmスケールと呼んでいますね。

 その16.5mm軌間の模型線路を利用して日本でも模型を作ろうということになったわけですが、「1ftを3.5mmの割合として模型を作る」ではなく、標準軌線路を3.5mmスケールで模型化した線路をうまく使って日本の鉄道を表現できるような方法として「16.5mm軌間の輪軸を使い、日本の国鉄型車輛の車体その他の部分を1/80でつくる車輛模型」が考え出されたわけです。で、この作り方の模型には何か呼び方をつけることは行われずに、外国型もやる人があるから、というので米国型や英国型も仲間に入れようと、本国で使われているスケールを取り入れ、その上に満鉄などの配慮も入れて、ほぼ同じ大きさになるような仲間全体を十六番と呼ぼう、というのが1942年に提唱されたものです。十六番は「他に良い名前が見付かったら是非お知らせ願いたい。」ということで始まりましたが、他に良い名前を提案されることもなく、提唱者はこの仲間に付けた名前を強く押し進めて行きました。しかし、模型の作り方については提唱者の考えが理解されていたにもかかわらず、この仲間に付けた名前十六番はあまり定着しませんでした。提唱者は「盛んになればなるだけ日本語の名前がほしい。」ということでしたが、盛んになっていったのは日本型だけで楽しんでいく模型で、しかもそれに日本語の名前ではなく米国型の規格名をつけられることが多くなりました。「16.5mm軌間の輪軸を使い、日本の国鉄型車輛の車体その他の部分を1/80でつくる車輛模型」には呼称を付けなかったのが大きな影響を及ぼしてきたと思われます。
 さてその「1/80もHO」なのか、ですが、NMRA Standardsで検討する場合、ネット上で参照できる最新版 S-1 General Overview(July 2004版) において、2段落目に、「スケール名、プロポーション、およびトラックゲージはS-1に記載されている」とあります。したがってS-1.1以下にあるGeneralの表がNMRA Standardsとして扱われることになります。次に「スケールモデル鉄道でプロト、標準、ハイフランジの三つのクラスの規格を提供する」とあります。標準クラスの「HO」の規格はS-1.2表(July 2009版)General Standard Scales で提供されています。「HO」には添え字がないので、標準軌鉄道を模型化するときのStandardsであるということでしょう。したがってTRACK GAUGEには、標準軌を3.5mmスケールで模型化したときの軌間となり、Gminとして16.50mm、Gmaxとして17.07mmが掲載されています。この数値を出すための根拠として実物標準軌間と3.5mmスケールから導き出されているといえます。「1ftを3.5mmの割合として模型を作る」が根拠の模型を「HO」と名付けているわけです。したがってS-1.2表のTRACK GAUGEだけを規格とし、それ以外の項目は規格でない、とするとTRACK GAUGEを導き出す根拠がなくなってしまいます。

20190603a.jpg

標準軌でない鉄道を「1ftを3.5mmの割合として模型を作る」場合は添字をつけようということで「HOn3」などと名付けています。実物3ft6inch=42inch=1067mm軌間を模型化するときのNMRA規格はS-1.2においてTTn42が掲載されています。この場合Scale to Footは標準軌用のTTと同じ1/10"です。

20190603b.jpg

ここからは仮説で考えてみます。

 TTn42の表現と同様にすると、HOで実物1067mm軌間の模型化するならHOn42となり、Scale to Footは標準軌用のHOと同じ3.5mmとなるでしょう。標準軌でない1067mm軌間の鉄道を「16.5mm軌間の輪軸を使い、車体その他の部分を1/80でつくる車輛を載せる模型」にすると、軌間からは「1ftを4.76mmの割合として模型を作る」になり、車体その他の部分は「1ftを3.8mmの割合として模型を作る」となり、今のところS-1.2にはPROPORTION、SCALE TO FOOTとも記載されていない規格となってしまいます。

PROPOTIONが1:80となるものをS-1.2へ入れるにはHOとOOの間へ3.8mmスケールとして入れることになるでしょう。NMRA Standardsに準拠することが前提で「16.5mmで1/80もHOである」とするならば、3.8mmスケールの値がS-1.2表に入っている必要があると思います。「16.5mm軌間で1/80もHOである」ならAlpha NumericがHOの行を2行にしてScale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.48mm、Gmaxとして16.84mmをいれることになります。
HOですから標準軌鉄道の1/80ということで模型の軌間は17.94mmとなるはずですが、S-1.2表のTRACK GAUGEの規格値とは合わなくなります。
そして実物1067mm軌間の日本型も「16.5mm軌間で1/80もHO」に入れることになるので、S-1.2表に入れるとAlpha NumericはHOn42が入り、Scale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.48mm、Gmaxとして16.84mmをいれることになります。
でこれもHOと呼んでしまうことにするわけで、実物が標準軌でない模型鉄道を添字なしHOで呼んでしまうのなら、NAME OF SCALEの意味づけが混乱するでしょう。

NAME OF SCALE       SCALE              TRACK GAUGE
Alpha    Common/   TO FOOT  PROPORTION  Min  Target  Max
Numeric  Fractional
-------------------------------------------------------------
OO       4.0mm    4.0mm    1:76.2     19.05  19.10  19.61
HO       3.8mm    3.8mm    1:80      16.50  16.54  17.07
HO       3.5mm    3.5mm    1:87.1      16.50  16.54   17.07
HOn42(HO)  3.8mm    3.8mm    1:80      16.50  16.54  17.07


 S-1.2表へ「16.5mmゲージで1/80もHOである」を無理にでも入れるとするなら、LSやLSn3と同様に「Varied」を入れることになると思われます。しかし「Varied」であっても標準軌はLSで、3ft軌間はLSn3と分けられているので、やはり実物が標準軌でないものを添字無しで入れてしまうとLSとの整合もとれません。

NAME OF SCALE       SCALE              TRACK GAUGE
Alpha    Common/   TO FOOT  PROPORTION  Min  Target  Max
Numeric  Fractional
-------------------------------------------------------------
OO       4.0mm    4.0mm    1:76.2     19.05  19.10  19.61
HO       Varied    Varied    Varied      16.50  16.54  17.07
HOn42(HO)  Varied    Varied    Varied     16.50  16.54  17.07
HOn3      3.5mm    3.5mm    1:87.1      10.49  10.54  10.77

こうなるとHOはTRACK GAUGEのみの規格となり、ゲージのみの規格となってしまいます。しかもHOがVariedであるなら、HOn3の3.5mmスケールも根拠を失ってしまうことになります。NMRA Standards を根拠にして「1/80もHOである」を云う場合は、S-1.2表にVariedをちりばめた状態になってから、ということになるでしょう。

仮説検討終わり。

現実には「16.5mm軌間の線路の上で、16.5mm軌間の輪軸を使い、車体その他の部分を1/80でつくる車輛をのせる模型」は今のところ NMRA Standards S-1.2に取り入れられていません。現状はNMRA Standardsを根拠とすれば「1/80はHOではありません」です。NMRA Standards が日本の16.5mm 1/80模型も考慮に入れてくれて、何らかの対応をしてS-1.2を改訂してくれるようにはたらきかければどうにかなるでしょうか。

したがって「16.5mm軌間の線路の上で、16.5mm軌間の輪軸を使い、車体その他の部分を1/80でつくる車輛をのせる模型」はS-1.2表に基づかない模型として現に存在しますので、NMRA Standards に準拠しない模型として、独自のNAME OF SCALE等を付けて線路輪軸規格も作ればよいと考えることができるわけです。もちろん「実物1067mm軌間の鉄道を3.5mmスケールで作る模型」もS-1.2表にはありませんので、NMRA Standards に準拠しない模型として、独自の規格を考えるしかありません。「実物1067mm軌間の鉄道を3.8mmスケールで作る模型」もそうですし、「実物1067mm軌間の鉄道を1/45で作る模型」も同様です。

 E氏は「最新の線路、車輪のNMRA規格を元にしている」ということなので、NMRA Standards S-3、S-4のことを考えておられるのでしょう。しかしS-1のことはまったく触れられてないので、NMRA Standards の範囲を限定的に捉えておられるように感じます。S-1.2の中にVariedをバラ撒くような形でなくて、「1/80もHOである」が規格として機能するような表になれば今後の進展があるかなと感じます。

今日はとりあえずここまで。

訂正 2019.06.09
仮説の文章の中で、TRACK GAUGEの数値が間違っていました。下線部をS-1.2表と同じ数値に訂正します。

訂正前、上記文から抜き出し
PROPOTIONが1:80となるものをS-1.2へ入れるにはHOとOOの間へ3.8mmスケールとして入れることになるでしょう。NMRA Standardsに準拠することが前提で「16.5mmで1/80もHOである」とするならば、3.8mmスケールの値がS-1.2表に入っている必要があると思います。「16.5mm軌間で1/80もHOである」ならAlpha NumericがHOの行を2行にしてScale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.48mm、Gmaxとして16.84mmをいれることになります。
HOですから標準軌鉄道の1/80ということで模型の軌間は17.94mmとなるはずですが、S-1.2表のTRACK GAUGEの規格値とは合わなくなります。
そして実物1067mm軌間の日本型も「16.5mm軌間で1/80もHO」に入れることになるので、S-1.2表に入れるとAlpha NumericはHOn42が入り、Scale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.48mm、Gmaxとして16.84mmをいれることになります。

訂正後 下線部訂正
PROPOTIONが1:80となるものをS-1.2へ入れるにはHOとOOの間へ3.8mmスケールとして入れることになるでしょう。NMRA Standardsに準拠することが前提で「16.5mmで1/80もHOである」とするならば、3.8mmスケールの値がS-1.2表に入っている必要があると思います。「16.5mm軌間で1/80もHOである」ならAlpha NumericがHOの行を2行にしてScale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.50mm、Gmaxとして17.07mmをいれることになります。
HOですから標準軌鉄道の1/80ということで模型の軌間は17.94mmとなるはずですが、S-1.2表のTRACK GAUGEの規格値とは合わなくなります。
そして実物1067mm軌間の日本型も「16.5mm軌間で1/80もHO」に入れることになるので、S-1.2表に入れるとAlpha NumericはHOn42が入り、Scale to Footに3.8mmを入れ、PROPOTIONに1:80を入れ、TRACK GAUGEにはGminとして16.50mm、Gmaxとして17.07mmをいれることになります。


続きを読む
2019年06月03日 23:00 | コメント(0) | 模型一般

2019年06月02日

模型走行 - 6月運転会

所属クラブの運転会です。

20190602b.jpg
昨日バラストを撒いたところは、運搬前に紙でガードしておきました。

20190602a.jpg
結構頻繁に使うようになりましたが、それでも年に数回というところです。

試運転車の不安定走行があり、確たる原因がつかめなかったのですが、配線やスイッチを確認しているうちに直りました。
キハ2018で周回試運転。


20190602e.jpg
駅のホームが出来上がってきました。ヤードの線路の上に覆いかぶさっているホームもあります。

20190602d.jpg
高さとクリアランスをチェック。

20190602c.jpg
レイアウト作者によると縁石のようなパーツが付く予定らしいです。

20190602p.jpg
ホームのところでリレーラーが使えるかのチェック。リレーラーの幅は30mmなので、実物換算30✕87=2610mmとなり、車体幅よりはかなり狭いので、余裕で使えるでしょう。

20190602f.jpg
JMの線路はユニトラック改造による組線路で簡単構成です。今回は走れるかな?

20190602r.jpg
クモハ53+クハ68です。最初は脱線モードもあったのですが、線路をキチンと敷き直してもらったら、何とか周回ができるようになりました。
周回証拠動画

20190602q.jpg
JM 他の人の列車です。東芝凸か?

20190602k.jpg
JM 他の人の列車です。C57門デフタイプかな?

20190602s.jpg
JM ワサ1 ワキを切って作られたそうです。前に関東合運で見せてもらってたかも。

20190602g.jpg
M本さんの1/87 9mm、6.5mmゲージ車輛群の展示モジュールです。緑化が行われて良い感じに仕上がってきました。

20190602h.jpg
デュアルゲージ線路を正面から。

20190602m.jpg
16.5mm 1/80 電車区 京成スカイライナー?  まん中はわからない  京浜急行

20190602n.jpg
16.5mm 1/80  M島さんの阪急8000系 と M原さんのC53牽引二重屋根客車編成
走行動画

20190602u.jpg
EF81 で 客車12両編成牽引



EF56 で 客車12両編成牽引

20190602t.jpg
16時で運転会終了です。

乗務記録
醍醐8:30〜会場9:45
会場16:30〜城陽18:05
城陽19:15〜醍醐19:50

2019年06月02日 23:00 | コメント(0) | 鉄道模型運転会

2019年06月01日

バラスト撒布

先日から預かっている山背鉄道レイアウトです。ベニヤ平原の解消をねらってバラストを撒く予定で、モーリンのバラストなどを用意して、混ぜ合わせ作業なんかをしていました。大阪合運でのバラスト撒き競作では、モーリンのバラストが実感的だという話が出ていたからです。

20190601b.jpg
線路の構成はコルク道床にIMONの12mmゲージフレキシブルトラックです。

5月18日、レイアウトオーナーとバラストの大きさや色などを相談したのですが、モーリンのバラストは石が材料なので重くなるのでは、という懸念があるのでマッハのバラストを用意しているとのこと。たしかにマッハのはコルク製で軽いことは確かかもしれません。測ってないのでわからないけど…。
オーナーの意見なので、ちょっと迷いが生じて、モーリンのを撒くのを躊躇していました。しかし、運転会の期日も迫ってきたので、少しだけモーリンのを撒いてみようと作業を始めました。バラストを固着したときに走行音へどの程度影響があるのかも確かめてみたいというのも一つです。

20190601a.jpg
コルク道床はN用を並べて使っているそうです。真ん中に少しスキマがありますので、バラストが入り込んでしまいそうです。ボンド水溶液も乾きにくくなる可能性もあるので、スキマを紙でふさぐことにします。ボンド木工用速乾で紙を貼っていきました。

20190601c.jpg
バラストの固着は、今や定番の木工用ボンドCH18の水溶液です。速乾タイプではありません。界面活性剤を少し入れて浸透しやすくするのも確立された技法でしょう。
このレイアウトでは基板の変形するような要因を避けたいので、バラストに霧吹きで水を撒くのはやらないことにします。初めに少し濃いめのボンドでバラストをくっつけてしまう方法をやってみます。

20190601d.jpg
濃いめのボンド液を筆で枕木の間に塗り、バラストを指でつまんで撒いていきます。白いのはスキマをふさいだ紙です。

20190601e.jpg
先にレールの間へバラストを撒いてしまいます。

20190601f.jpg
枕木の外側、道床肩付近も、先に濃いめのボンドで固着をねらいます。

20190601g.jpg
道床肩部分は、筆先でだいたいの形を作りながら撒きます。

20190601h.jpg
ちょっと手間と時間が掛かりますが、こんな感じで小梅のボンド液を塗っていきました。

20190601k.jpg
ちょっとスピードアップをねらって、道床肩部までまとめて塗ってしまいました。

20190601m.jpg
コルク道床の肩部が実感的に斜めになっているので、バラストを撒くと落ちていってしまいます。濃いめのボンドはこの対策のも有効です。ベースをななめにする方法もありますが、大きくて不安定になりますので、平らに置いたままで作業を進めました。

20190601n.jpg
肩のところに盛り上げて置いて…

20190601p.jpg
少しずつ下げていったら、濃いめのボンドにくっついてくれました。このまま、ボンドがある程度乾くまで、1時間くらいでしょうか、置いておきました。

20190601q.jpg
その後、ぜっb対を整形して、薄い目のボンド液をスポイトで滴下していきます。

20190601r.jpg
ボンド液はバラストが流れ落ちない程度にしておきます。

20190601s.jpg
まわりに散らばったバラストは掃除機で吸い取ります。


20190601x.jpg
以上のくり返し作業で、20cmほどの線路にバラスト撒布を行いました。

20190601t.jpg
手近にあった車輛を走らせてみて、レールの状態などを確認します。IMONのフレキシブルトラックはウェザードレールなので、レール側面などを塗らなくてもいい感じです。

20190601u.jpg
今回の作業全体写真

さて、バラスト固着による走行音への影響はどんなもんでしょうか。

20190601y.jpg
3時間くらい経てば一応固まる状態になるので、ベースごとひっくり返してみて大丈夫なことを確認しました。

走行音を確認するための動画です。

大きな変化はありませんが、固着によって走行音が反響して大きくなる、ということは無さそうです。良く聴くとバラスト部の方が音が高くて小さめになっている感じがします。運転会へ持って行って走らせるような場合は、まわりの話し声や騒音の方が大きくて、走行音の変化に聞き入るようなことはほとんどないと思われます。DCCサウンドがあれば、バラストの影響なんか関係ないでしょう。

20190601w.jpg
最後にもう一度、裏向きにして固着を確認しておきました。

さて、明日の運転会ではどうなることやら…。




2019年06月01日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm