2017年09月10日

関東合運企画テーマ

クラブ内競作の課題「紙ってる」は一つクリアできたので、もう一つのお題に取り組んでみることにします。今回の関東合運は「常磐線121周年記念?常磐線とその仲間たち!」というお題になっています。常磐線ということではほとんどなじみがないので、取り組む意欲もなかったのですが、「常磐線を走った車両だけではなく、常磐線につながっている鉄道車輛も含みます。(TX:新京成:流山:東部:関東:鹿島臨海:茨城:日立等)」ということなので、何かひとつ探して賑やかしに参加してみようということを考えました。

20170910a.jpg
関東鉄道の気動車とかでも良かったのですが、これを思いついたので、SHOP KIHAさんからペーパーシートを取り寄せました。このまま組んだのではお題からはずれてしまうので、1948年日立電鉄へやってきて以降の電車の姿で作ることにします。

20170910b.jpg
ネットから写真をお借りしてきました。ありがたいことですねぇ〜。1961年の撮影ということで、台形車体のまま、パンタグラフを載せた両運の電車になっています。
ペーパーシートの形は乗務員扉が片側だけになっていますので、このあたりを検討しなければなりません。シートを見ると妻板部の印刷はたくさん入っていますので、うまく利用すれば両乗務員扉改造車にできそうな気がします。

20170910c.jpg
手始めに車体ゲージの部分を抜いてみました。右の方に前面サイド内貼りパーツが4セット印刷してあります。

しかし、下回りをどうするか。ペーパーで台車を作ったという例が組立説明書中の写真にありますが、台車パーツの印刷物はないようなので、イチから作る?…時間的余裕はないだろうなー。

間に合わなかったら、ED75牽引の常磐線普通客車列車という手もありますが、一応日立電鉄でエントリーシート出してるからな…


2017年09月10日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm

2017年09月09日

江若ハフ-20

江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。運転ボードのTillig線路で試運転をしてみました。

キハ14で牽引します。しかし。いきなり脱線のトラブル発生!

20170909a.jpg
ポイントフログではなく、このジョイントでもなく、その手前の曲線と短い直線のジョイント部で脱線しています。

20170909d.jpg
車重は75gで少し軽いかもしれません。浮き上がりを推察して、ウエイトを搭載してみました。

ハフ3単独で手押しによる通過では脱線は発生せず通過できています。しかし気動車を連結して牽引すると脱線するのです。曲線はR353で連結器に力がかかり、ハフの車体を外側へ引くような形になっているようです。

20170909b.jpg
線路も少し問題があるのかもしれません。H0mとして販売されているもので、HOn3.5の運転に使用するには僅かに狭く、曲線のスラック不足であるのも原因のようです。ポイント接続部の直線を、切り欠きのない同じ長さの線路に取替えてみました。

これは少し効果があったようで、何とかエンドレス走行できるようになりました。
向こうのポイントのSカーブは問題なく通過できているので、線路の影響が大きいようです。


2017年09月09日 23:00 | コメント(0) | 1/87・12mm

2017年09月08日

台車組立

FABの台車を組み立てました。

20170908a.jpg
TR11です。 

20170908b.jpg
3両分です。 ブレーキシューが1本折れてしまった。 (;_;)


2017年09月08日 23:00 | コメント(2) | 1/87・12mm