2019年03月13日

運転ボード化

床に敷いていた線路板ですが、運転ボードにのせてみました。

20190313c.jpg
ボード上は物置状態だったので、線路や車輛を片付け、大掃除をして準備。
床に敷いてあった線路板の小判形の小さい方からボードへ持ち上げて敷きなおしました。HO線路のR430までは定尺のボードに乗るのですが、HOn3のR480ははみ出してしまいます。そこで支えとなる合板を敷いて少しだけ拡張した形にして何とか全体をボードに敷いてみました。

20190313b.jpg
上から見るとこんな感じ。HOn3の両端曲線部はボードからはみ出していますが、HOと一体なので何とか乗っています。大きさとしては2m×1mあれば乗せられそうです。2200×1100あれば余裕です。

20190313e.jpg
一番外側のHOn3に走らせて見ました。西大寺は小さくて軽いので基板が傾くこともないです。

20190313d.jpg
ProTraxx線路を走る西大寺。

続きを読む
2019年03月13日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年03月12日

給電線接続

もう少し、線路基板の製作続きです。

20190312e.jpg
全部の給電線を取り付けました。左から6.5mm、9mm、16.5mm、10.5mm、12mm

20190312d.jpg
12mmはDCC専用となります。6.5mmと9mmは車輛側の関係でアナログDC専用となりそうです。16.5mmと10.5mmは車輛に応じてADCとDCCを切り替えて使うことになりそうです。

20190312c.jpg
9mmのポイント切り替えが手動のままです。DC制御ならポイントまで電線を引く必要があります。DCC化して外側の12mm線路からDCC
電源を引くように考えています。
2019年03月12日 23:00 | コメント(0) | 模型線路

2019年03月11日

給電線接続して試運転

ようやく走行段階まで進んできました、線路基板の製作続きです。

20190311c.jpg
TILLIGの線路にフィーダ線を取り付けました。複線ですがDCCを原則として両方を結んでしまいました。TILLIG線路は複線全線1区間扱いとなります。

20190311b.jpg
裏蓋を取り付け。

20190311a.jpg
12mmゲージ線路が走れるようになりました。試運転と転換試験をします。


コマンドステーションはKATOのDCS50K、コントローラはDT402DJ

20190311e.jpg
HO と HOn3 にもフィーダ線を取り付けました。

20190311d.jpg
それぞれ別に制御できるようにしました。

2019年03月11日 23:00 | コメント(0) | 模型線路